清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏物語はエロ小説か

<<   作成日時 : 2009/03/09 17:48   >>

面白い ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 4

深夜アニメ版「源氏物語」 「性描写過激すぎる」と波紋
http://www.j-cast.com/2009/03/08037229.html


以前ロンドン在住時代の友人達と集まった時のことです。
 
 話が源氏物語のことになったのですが、ぼくは、源氏物語を楽しめないと主張しました。
「あの時代、風呂にあまり入らず、臭いので香を焚いていたわけでしょう。
女は長い髪を洗わず、フケだらけ。しかも白粉の鉛毒で、顔はブチャムクレ、美人と言っても現在の美的感覚からブスでしょう。 そら、感情移入できませんぜ。まだフランス書院のエロ小説の方が面白いでしょう。」

 と言ったら「お前は文学が分かっていない」といわれました。
 まあ、それは否定はしませんし、元から即物的な人間ですから、無理して読もうとは思いません。それに別に文学者じゃないし。

 ですが、以前に日本経済新聞の文化欄に載っておりましたが、源氏物語は明治時代の前半ぐらいまで「玄人」の文学者たちからは評価されていなかったそうです。
 評価されたのは伊藤博文がこれを英訳させて、それが海外で話題になったからだそうです。恐らく英訳させたのは、我が国には古くに極めて高度な小説があると、その文化的な高さを対外的にアピールするためでしょう。

 現実主義者の無粋な政治家と、外国人が評価したら「文学者」も評価し出した、ということになります。アカデミー賞やノーベル賞を取ったりすると手の平を返したように国内の評価が上るようなものです。

 身もふたもない言い方をすれば、この作品は家庭教師が、教え子にせがまれてエロ同人誌をつくったようなものです。エロあり、近親相姦あり、お化けありで、今日日の同人誌顔負けです。恐らく同時代には似たような作品があったのでしょう。
 あんな昔にこんな自由奔放な小説が存在した、しかも作者は女性であることは日本の文化の高さを表しているといえるでしょう。

 江戸時代まで日本人は性に寛大でした。
 明治になってこれでは「文明国」として認められないということで「男女七歳にして席を同せず」などというようなことをはじめたわけですが、現在から見れば日本の江戸時代までの方が、大らかで文化的に進んでいたと言ってもいいでしょう。

 近年では戦国時代などの同性愛に関する研究も盛んになっているようです。
 武将のだれそれと部下のだれそれがデキていたとかいう話は、明治以降の「真面目史観」に忠実な「真面目な歴史学者」はそういう視点からの研究を怠った来ました。セックスという要素を無理やり排除してきたといってもいいでしょう。

 小説に関しても司馬遼太郎が坂本龍馬のことを書いても日本のあちこちに女がいたヤリチンとは書けかったわけです。

 つい最近に無理やりつくった「常識」で歴史を眺めてみても誤った解釈になるでしょう。今後男色という要素が日本の歴史を書き換えるかも知れません。
 

 エロは日本の文化である。
 日本人は快楽主義者である。

 こういう視点から歴史をみることが必要かも知れません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本来ROM専なのですが、またまた見逃しがたい記事が…
高校の頃、「エロ小説は現代文の得点UPに効果的」と評判でした。
入居していた学生寮ではエロ小説の流通ルートが確立しており、勝手にルートを遮断して自分の部屋に大量の小説を溜め込み"図書室"を自称する輩もいるなど、盛況でした。
効果はてきめんで、寮生はセンター試験の現代文で満点続出でした。
受験生の皆様、「近代以降の文章」対策にはエロ小説の熟読をお勧めします。
はと
2009/03/10 01:51
ドラゴン桜だったっけ?娯楽手段など何もない平安時代、貴族で暇人が時間潰しをするには・・・てな視点。高校国語古典の授業にそんなモノの見方の話でもあったらなあ・・・今の高校生は恵まれてるよ。
つうこうにん
2009/03/10 07:30
 ワーグナーの戯曲「トリスタンとイゾルデ」は不倫ポルノ的な要素が強いですし、ポルノ的な面を強調した演出もよく目にします。プルーストの「失われた時を求めて」は完全にホモ小説ですし(今のボーイズラブ小説の元祖?)。プルースト本人がホモで覗きの常習犯というトンデモな人間でしたし…「古典」や「名作」を現代の常識や価値観で読めばそりゃ「不道徳」なところはいくらでも出てくるでしょう。つうこうにんさんではありませんが、書かれた当時の常識や価値観をある程度知ったうえで読まないと読めたものではない(笑)
きるすてん
2009/03/10 09:37
娯楽のない時代、セックスは食事以外、ほとんど唯一の楽しみだったでしょうからね。今は、娯楽が多いので少子化なのかもしれません(笑)
そういえば日本のエロ漫画で、日本語をマスターした外国人がいました。
シロ
2009/03/11 14:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
源氏物語はエロ小説か 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる