清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語の授業を英語で教える必要はあるのか

<<   作成日時 : 2008/12/27 12:55   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 13

英語で授業…「正直、無理」 高いハードルに先生困った
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200812220321.html

 ぼくはこういう授業はの特別な生徒を一部を除いて無駄だと思います。無論語学で会話も必要ですが、文法を英語で習ってもよくわかりません。日本語の比較で理解するわけですから。あたしゃ、ロンドンで随分それで苦労したことか・・・・。しかも文法をすっ飛ばして勉強すると英語圏に住んでいた時やその後しばらくはよかったのですが、段々と忘れていくわけですな。で、未だに英語の勉強を毎日しております。
 非ネイティブが勉強するのは文法を完全にマスターすること。それが経験から得たぼくの結論です。

 英語の授業を英語でできて、しかも成果をだせるのはごく一部の帰国子女や英語(あるいは語学全般)が得意な生徒だけでしょう。このような教育はむしろ英語嫌いを増やすだけです。
 こういう授業は一部の進学校の、それまた一部の生徒を対象とするぐらいでいいのではないでしょうか。

 そもそも何故英語を学ぶか、という目標を当局は示していません。

 現在仕事や日常でもっとも必要性があるのはネットでの情報収集などでしょう。となるとまず読めること。それからメールなどで問い合わせなどができること。となると英作文です。つまり読み書きが重要です。

 別に海外旅行や外国人に道を教えるため、あるいは横須賀や福生で米兵にぶら下がるために巨額の公費を使って英会話を教えてもさほどメリットがあるとは思えません。

 もし海外で交渉する、外国人を説得するというのであれあば、英語よりもむしろ、国語やそのほかの授業で口頭試問やディスカッションを増やし、またそれに参加するように生徒を指導することでしょう。
 
 日本人は堂々と自己主張をすることが出来ません。またつかみ合いになるような口論をした次の日に、ニコニコして話しかけるなどとうことも苦手です。
 
 日本人同士の会議などでも発言せず、あとでブツブツいう人が多いわけです。こういう人がいくら英語を勉強しても交渉ごとは出来ません。
 外国人と交渉するには話術と厚かましさが必要です。それは普通の日本人には向きません。

 いくら英語ができてもビジネスや外交の場でまったく役に立たない人は結構おります。故宮沢喜一氏などその典型例じゃないでしょうか。むしろ、かなり怪しげな英語しか話せない中小企業の大将の方が余程交渉ごとが上手かったりします。


 文化の多様性を教えるならば、フランスのように高校で第二外国語を教えるべきです。で、第二外語をとるか、英語だけでいくかを生徒に選択させる。そのほうが国家として、また個人としてえるものがあると思います。

 英語で英語の授業をする前に、総会屋、詐欺師、ヤクザなど言葉の戦争が日常で、説得力を要する商売の方々を講師に招いて、日本語のオーラル・コンバセーションをやった方が宜しいでしょう。


 日本語ですら自分の意見が言えず、相手を説得できない人間が英語でそれをできますか?

 ぼくは高校一年の時、たまたま成績が良かったので学級委員にされたのですが、そのとき学級委員を対象としたリーダー研修会というのがありました(銚子西高ではまだこのような研修を続けているのでしょうか?)。
 これで、積極的に発言したり、議論に参加したり、自分の考えを他人に伝えると、交渉をするという技術を学びました。この経験が現在の仕事で非常に活きています。
 こういう教育は外国語教育の前に是非必要だと思います。

 
 
 

 日本語での「交渉」「説得」の技術の向上の参考になるとおもいます。

弱者のための喧嘩術 (幻冬舎アウトロー文庫)
幻冬舎
清谷 信一

ユーザレビュー:
拳銃と法律弱者は弱い ...
こんな本みたことない ...
激ヤバ面白いんだけど ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
身に付かない英語教育をして、日本人を愚民化する作戦?
とおる
2008/12/27 17:23
高校の授業をどういじろうと、結局は大学入試の選別の手段にどう繋がるかという話になってしまう。
で、大学入試の英語(外国語)で何が問われるかといえば、せいぜい120分で発音問題文法問題の次に(やっと)長文読解で、これもせいぜい数百語を読むだけ。

そういう英語力を養成するのに、最低でも中高6年間かける。今後は小学校でもやる・・・となると、子供時代に相当な時間の無駄を全国共通でやろうってことじゃなかろうか。

ついでに、現役教師に対応能力があるのかというのも疑問。
とーりすがり
2008/12/27 23:10
>高校の授業をどういじろうと、結局は大学入試の選別の手段にどう繋がるかという話になってしまう。
2006年あたりに起こった高等学校必履修科目未履修問題もそんな感じでしたね。

つうか、私も未だに英語でしゃべれないしな・・・辞書をめくりにめくれば文章は読めるけどwww
へろ
2008/12/27 23:56
銚子西高は統廃合でなくなったよ
亞堊椏錏鐚
2008/12/28 00:21
でもまあ、キチンと読めるだけでも御の字なんじゃないですかね?
むしろ、英語圏(ことにアメリカ)の連中の外国語習得意欲の低さをこそ正すべきで。
truly_false
2008/12/28 07:48
 アメリカ人の都合が悪くなると説明は十分でしたか、とか現実的な話をしましょうといって責任を曖昧して他人のせいにする国民性がありますからね。英悟だけの問題ではないと思う。それにフランスでアメリカ人が好かれているのでしょうか疑問ですし、
ラジオランチ
2008/12/28 10:44
前から市立銚子と統合されるという話はあったそうですが。ならばぼくは江畑謙介氏の後輩、ということになります。
キヨタニ
2008/12/28 11:45
小学校はず〜と出来子。中学に進み英語の授業が加わり気分も一転「ヤルゾ!」の気持ちが湧いてきました。「これはペンです」とか「あれは何ですか」などと、ほとんど文法問題でしたが、それはそれで結構頑張りました。
だが二学期に入り事態は急変。今までの活字体から筆記体に変わりついていけなくなりました。どこからがbでどこからがcなのかさっぱり判りませんでした。
あの当時アメリカの小さな子供が英語で話しているのを見たらアメリカ人は賢いとマジで思っていた程です。
今はネットなので電子辞書を引きながらの英語の勉強です。主にHサイトですが。慣れてきたら「ジャパニーズ.スクール.ガール」などはすぐ読めますね。好き者こそ上手になれの典型です。
将来、外交官や学者を目指すのであれば別ですが、個人的には文法重視の今の英語は好きではありません。一般人は「インディアン.ウソ.ツカナイ」ぐらいでいいと思いますがね。
富士で米軍と共同訓練に参加した人によれば単語を並べるだけでも結構会話は出来るそうです。
蟹工船
2008/12/28 20:57
とーりすがりさんも大学入試の英語の問題を指摘されていますが、私は試験科目としての英語において「アクセント」とか「発音」とかを問う設問は廃止すべきだと思います。そんなもの、英・米・豪でそれぞれ違うに決まってるからです。

我々が学習する必要があるのは、世界共通語としての英語であって、米英の機嫌取り用のツールとしての英語ではありません。

(もちろん、英語が世界共通語になっている事に論理的な必然性など何もありません。彼等が暴力によって推し進めてきた帝国主義政策によって、歴史的に強いられただけです。)

それに、益川さんのような人も出てきたのですから、英語を大学入試において選択制にする、やりたくない者は他の科目で代替するという選択肢も用意すべきです。これは東大と京大が(せめて早慶が)率先してやらなければなりません。

2008/12/29 01:29
おっしゃる通りですね。日本人全員が英語の達人になる必要はないと思います。それぞれ自分の適性にあった能力を伸ばして行くことが一番良いと思います。英会話など少人数クラスにしないと効果は乏しいですし、それに見合うだけのネイティブの教師を雇ったら費用がたいへんでしょう。英語が好きな生徒、適性のある生徒だけ選抜して特別な授業をするべきでしょう。
gengorointokyo
2008/12/29 13:58
 私に言わせれば、多少の英語力なんかより、国語力のほうがよっぽど重要ですね。英語なんて、現在の高校レベルをしっかり身につけれいれば、十分意思疎通は成り立ちます。
 英語力より危機に瀕しているのは国語力で、竹下元総理の孫のような日本語がはびこったら(もっともDAIGOは、商売でやっているだけかも知れんが)、我が国は本当に国力が傾きます。米国では雑誌の編集のような知的労働まで、インド(英語が公用語)に外注するようになって、編集者がリストラされるようになった例も出ている。いい加減な日本語でも通用するような社会になってしまったら、それこそ日本社会の知的労働まで賃金の安い外国人労働者に奪われる。日本語がバリアーとなって、日本人の雇用が守られているのです。
 言語の国際化なんて、我が国にとって百害あって一利なしです。それで優れた外国の人材が来ないというなら、それこそ結構な話です。何も外国人のディーラーを我が国の金融機関で雇う理由はないのです。日本の金融機関のディーラーは、日本人で十分です。
土門見人
2008/12/29 15:10
>英語力より危機に瀕しているのは国語力で、竹下元総理の孫のような日本語がはびこったら(もっともDAIGOは、商売でやっているだけかも知れんが)
一応書いておきますが、内藤ダイゴさんはクイズ番組で教養問題ではかなりの高得点を上げ、かなりの知識は持っていますよ。まあへんてこな日本語を使ってはいますけど。
へろ
2008/12/30 21:45
しかし、これだけ失業問題、貧困問題、失業外国人労働者の犯罪、ホームレス問題が深刻化しているのに、「不足する労働力確保のため」に移民を入れようなどと主張する、経団連て莫迦なのか、確信犯なのかわかりません。
シロ
2008/12/30 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語の授業を英語で教える必要はあるのか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる