清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府の景気対策は有効か

<<   作成日時 : 2008/11/02 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 昨今政府の景気対策が発表されていますが、バラ捲きの感があります。中小零細企業の資金繰りの支援は必要でしょうが、小渕政権時代と大同小異のような…
 まあ、連立与党たる公明党支持者=創価学会の信者である低所得層に金をばらまいて、その金を誰かさんが吸い上げるという構図に手を貸さざるを得ないのでしょう。

 結局バラ撒いても、皆貯蓄に回すでしょう。今の農家や土建屋に金をいくら回しても競争力の強化や体質の強化にはならず、シャブ中患者にシャブを渡すようなものです。

 赤字国債を発行してバラ撒くと財政赤字が悪化する→それは即ち将来の増税や社会福祉の切り捨てになる→将来金が必要になるから貯めておこう。

 こうなります。
 庶民=はそれがわからない程バカじゃない。理屈では考えて無くても漠然と理解はしています。そんな時勢に貧乏人に金を使わせようとしても無理です。
 使うのはまだ将来の心配しなくていい子供ぐらいです。ところが子供は金を稼いでいない。あとはサラ金で金借りてパチンコに行くような準禁治産者予備軍です。

  つまりバラ撒きをやると、むしろGDPの6割を占める個人消費が冷え込み、かえって景気が悪くなります。

 
 一番いいのが金持ち、特に財布のヒモが緩い成金に金を使ってもらうことです。それから外国からのお金持ちです。
ですから金持ちが金を使ったら得をするような方策が必要でしょう。
 銀座で飲んだらその分の10パーセントぐらい還付するとか、デパートで100万円使うごとに5万円分の国債をプレゼントするとか。

 ところがそんななか、輸入の高級バターのみ関税が上がるそうです。家庭用バターは関係ないそうです。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081031AT3S3101N31102008.html
高級輸入バター関税上げ 農水省、11月から

 これからフォアグラや、ナチュラルチーズ、活オマール海老、野鳥、野ウサギなど、フランス料理の高級輸入食材が安くなり、フランス料理が以前よりお手頃になる、という時に合わせてバターの関税を上げるセンスがわかりません。財務省わざわざ景気を悪くて税収を悪化させようと画策しているとしか思えません。


 公的な政策で金を使うならば限界集落対策が有効でしょう。
 例えば限界集落が集落全体で町に移住するならその引っ越しの費用は全額国や公共団体が持つ。彼らが駅の近くの町場に移住するなら、電気、水道、バスなどの公共交通機関など、インフラを維持する必要が無くなるので、その分の負担が減ることになります。いわゆるコンパクトシティを進めるわけです。
 
 同時に町場の移住先では不動産の取引が活発化します。引っ越しに際して買い物も増えるので消費が増えます。なに人口が増えることで、町が活性化するなどのメリットがあります。




 というわけで、高級バター買うならいまの内です。フランスではパンに塗るのにも結構無塩バターを使います。たまにトーストぐらい贅沢してみるのも宜しいのではないでしょうか。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 地方の方のその地への執着は尋常じゃないと感じています。
 転勤族の息子の私には理解できませんが。

 ので、理論として全くその通りだと思いますが、現実的には、爺さん婆さんを移動させるのは無理でしょう。
ハーデス
2008/11/03 02:19
 地方の方のその地への執着は尋常じゃないと感じています。
 転勤族の息子の私には理解できませんが。

 ので、理論として全くその通りだと思いますが、現実的には、爺さん婆さんを移動させるのは無理でしょう。
ハーデス
2008/11/03 02:19
土建屋にばら撒きを行う事は無駄だと思いますが、農家に対する支援は何らかの形で必要と考えます。フランス政府も農家には結構な額の支援をしていますよね。

(フランスが農業を保護しているのはおそらく国家の安全保障上の必要からだと愚考します。ビジネス上のいわゆる市場競争よりも、国家間生存力競争の方が、優先順位が高くなるという局面も、国際社会の中では存在するのでは。)

大体、日本の農家は大人し過ぎるんです。(労働者もそうですが。)フランスの農家みたいに、幹線道路に一斉にキャベツをぶちまけるぐらいの事はやっても良いんじゃないですかね。この意味で、日本の政治家は、田舎基盤の保守も、都市基盤の新型保守や左派も、「甘やかされている」と思います。

2008/11/03 03:38
欧州では産業として成り立っていますが、日本場合バラまいても儲かるのは農協と趣味程度に農業をやっている兼業農家ばかり。いままでばらまきを続けてきましたが、若者は去っていき、あと10年もすれば壊滅状態でしょう。
むしろ農協の力をそぎ、企業の農業参入を認めるべきです。

欧州の場合補助金が農業維持に一定の役割を果たしています。ですが、安い欧州製の農産物の輸出ががアフリカなどの農業を圧迫しています。そのせいでいつまで経っても貧乏、そこに先進国が経済援助をするという悲劇的かつ喜劇的な様相を呈していることは理解すべきです。
キヨタニ
2008/11/03 10:42
清谷さん経済の専門家じゃないから、わかんないでしょうが、小渕時代は金丸時代に比べて公共事業へのバラマキは引き締めてますよ、それが小泉・竹中時代では公共事業をさらに引き締め談合を独禁法改正で厳しくした。
だいたいバラマキを辞めてもう6・7年以上なる。そのかわり、海外に日本の冨をただ同然でバラマキましたけどね。

農業政策についてはアメリカの安い食糧供給によって価格競争で国産に農産物が売れなくなったらですよ。アメリカの食糧政策にしっか対策をとらなかったツケが現在一気にきたんですよ。

金持ちにどんどんお金を使ってもらうっていても、限界があるでしょう。
ななし
2008/11/03 20:50
日本の農家がおとなしいのは農業従事者が高齢化していること、ほとんどすべての農家が個人事業主で労働組合のようなものが無い事が原因ではないでしょうか。(農協は農機や農薬の販売店でしかない)
電気屋
2008/11/03 22:29
http://www2.ttcn.ne.jp/honkaw/0530.html
のグラフを見ると分かるようにあと10年もすれば日本の農家はおおよそ30%農業労働人口が減少します。これだけだと日本のお先真っ暗のようですが、自分を含めこれをチャンスだと思っている人間がかなりいるので心配は無用です。
 上にも書きましたが、農協は今や農機具等の販売店です、たいしたことは出来ません。
電気屋
2008/11/03 22:36
この際、ばらまきでも良いのではないかと、思ってます。消費は無いより、あった方が良いのは事実ですから。
1971
2008/11/04 02:22
>農協は農機や農薬の販売店でしかない
農協は他にもスーパーやら金融やらのサイドビジネスもやってます。
へろ
2008/11/04 03:53
冬の暖房費が嵩む所の人にとっては、理屈抜きに有り難いです。
限界集落は世帯が消えていくのだから、町場への移転はあまり意味がないでしょう。ペイする前に世帯が消えます。
景気の冷えた一端は、萎縮した公務員が飲みに出なくなったこと、だと思う私は、公務員もっと町に金を落とせ、と言いたい。田舎の警察署が●●商事などの名前で宴会をしていた頃に戻った方が良いのではないか?。世の中公務員を叩きすぎたんじゃあないのか。
私は謹んでバラ撒きを頂戴します。
Joe
2008/11/04 17:46
キヨタニさん、コメントありがとうございます。

現在の農協は多くの問題を孕んでいて、大規模な解体・再編が必要だというのは、おっしゃる通りだと思います。日本の農業の最大の問題点は、農協が生産農家の生活を無視して、自身の保身ばかりを追求している点ではないですかね。

このあいだNHKのドキュメンタリーで見た、アメリカのトウモロコシ生産者の団体は、全然違いました。いかに自国のトウモロコシを、世界中に高く売りつけるかという姿勢が徹底されていて、徹頭徹尾戦略的に動いている。それこそまるで商社みたいでした。日本の農協も、海外ツアーは盛んに組んでいるんだから、見習って欲しいですね。

2008/11/05 00:18
輸入ものはやはり違いますかね?

自分的には、国産の高級醗酵バターに頑張って欲しいところです。できれば近くて遠い国々の富裕層への輸出も視野にいれて。
無名
2008/11/05 14:00
やはり美味しいですね。
でもフランスで食べた方が美味しいような。
新鮮さという面では国産の方が有利だと思います。地産地消を前面に頑張って欲しいと思います。肉と同じで高級にシフトした方が国産品の生き残り戦略としては正しいのではないでしょうか。
キヨタニ
2008/11/05 17:23
 稼いだ何十億もの金を、惜しげもなく散在した小室哲哉は、思えば大勢のパンピーを養う大恩人だったんですな。
 ファイナンシャルプランナーでもある私が顧問だったら、もう少し賢い金の使い方をアドバイスしましたが、ああいう人種には、稼ぐのも使うのも派手なやり方しかできないんでしょうね。復活は困難でしょうが、少々同情します。
土門見人
2008/11/07 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府の景気対策は有効か 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる