清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【民度の向上】「ステータス」今は昔 若者“車離れ”加速 販売減、レンタカー増

<<   作成日時 : 2008/04/22 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/17385

 まあ、不景気というのもあるでしょうが基本的に日本人、特に女性の民度が上がったからクルマが売れなくなったんですよ。
 昔クリスタル族がもて囃されたり、バブルの頃はクルマを持っていない男は男じゃないとか、外車に乗っていないのは門前払いというふざけた女が結構おったものですが、そういう勘違い系が減ってきたことが大きいでしょう。

 ですから当時は田中康夫のように運転がヘタなくせに女を口説くために外車にのる、そして事故を起こすといったアホウが多かったわけです。前にも書きましたが田中康夫センセイがフランス料理屋にクルマに乗り付けて、ワインも飲まなかったかのか、飲んだらタクシーで帰っていたのか気になるところです。
 外車にさえ乗っていればあの田中康夫にすら股を開くようなと付き合うような女性が減ったわけですからこれは慶賀すべきことでしょう。

 またクルマに乗ると自分が偉くなったような気になるというアホウも多かったですね。隣がクルマを買ったからウチも買う、という自主性のない人間も減りました。隣は隣、ウチはウチというわけです。世間体のために無批判に他人に追従する人間が減ったわけです。
 かつて弟の知り合いの旦那はゴルフに行くのに国産車では恥ずかしいから親にねだって仏車を買ったそうですが、そんなことのために外車を買う方が余程恥ずかしいとあたしゃ思います。

 まあ、我が国の民度が上がってきた証拠です。ノーキョーツアーが減ったのと同じです。いま同じことを韓国や中国、ロシアがやっております。
 つまりクルマについていた「ステイタスシンボル」というメッキがはげてしまったわけです。生活に必要な人やクルマやドライブが死ぬほど好きだという道楽者は別にすれば、
 
 結構維持費がかかるクルマに乗るよりはその分のお金を自分に投資するとか、将来の老後に備える方が賢明でしょう。お金が余って仕方ないという人はこれまた別ですが。
 国内市場が縮小するのは宿命です。あとは外国で稼ぐか、ホンダのように航空産業その他の分野に参入するとか自動車産業も足元が明るいウチから次なる「メシのタネ」を捜すべきでしょう。
 
 個人的にはクルマの運転も乗るのも嫌いですが、個人的は流線型のカルマンギアが好きです。間違って本がベストセラーになったら1/1ミニカーとして買おうかと思っております。というわけで新刊がでたら皆さん本を買ってください。


それから別件ですがテクノバーンに
「ボーイング、超長航続性能無人航空機の試作機開発でDARPAと契約」
http://www.technobahn.com/news/2008/200804221613.html
なる記事が掲載されています。このなかで

英クインティック(QinetiQ)社

とありますがこれはキネテックと発音します。




国内で車が売れなくなったのは民度が上がった証拠
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/bd6b0bae4a

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
私の住んでいる某地方都市では普通車を所有すると駐車場代とあわせて月割りに直しておよそ3万円ほどのお金がかかる計算になります(重量税・車検代などを併せて)。

私も以前は車を所有しておりましたが使う頻度と維持費の高さに馬鹿らしくなり持つのをやめた経緯があります。

実際今はタクシーを月に何回か使っておりますが車を持つコストと比べるとはるかに安い。自分が事故を起こすリスクもありませんし非常に得した感じがします。

あーちゃん
2008/04/22 23:36
>外車にさえ乗っていればあの田中康夫にすら股を開くようなと付き合うような女性が減ったわけですからこれは慶賀すべきことでしょう。


この間の「ソープ嬢には米兵大好きネーちゃんたちをリクルート」でもちょっと思ったけど。
女性に対する記述内容がなんか惨いね。
なんとかならんものか。
まあ、今の若い女の子はポルシェですら形で判別つかないような感じだね。
アピールする「ステータス」の道具に車があまり入らなくなってるだけで、別のものになってるんじゃないの。




>弟の知り合いの旦那はゴルフに行くのに国産車では恥ずかしいから親にねだって仏車を買ったそうですが


今はゴルフ場へ行っても、ベンツの横に平気でフィットを停めれる時代だよ。


まあ、民度があがったのかどうかは知らないけど、今の若者とかは本当に車に興味ない。
モノとしての優先順位が著しく低下してるよね。
これは先にヨーロッパがそうだったように、時代的な推移なんだろうなあ。
そういう日本の順番がまわってきたってのと、エコ問題なんか含めた車社会の転換期にあたってるということじゃないかな。
abcd
2008/04/22 23:43
新刊買ってますよ〜。だから早くカルマン買って下さいw 納車されたら一緒に私の40年落ちアルファと流しましょう。

私は公共交通の便の良い首都圏にいながら、とうとう3台目のクルマを買ってしまいました。しかも懲りずにポンコツのアメ車です。

でも、外車に乗るメリットなんてもはや自己満足だけですよ。私の経験から言わせてもらえば、クルマのおかげで女の子にモテたことなんてありません。女はリアリストですからね。道楽者はまったく評価してくれませんよ。
ドラゴン山崎
2008/04/23 01:44
ご無沙汰しています。
一般に女性は威張りきく、自分のステイタスがあがった(ように感じる)車が
お好きですね。
外車でもキューベルワーゲンとか乗って
いると間違いなくもてないでしょう。

英国の業者からフェレット装甲車1両
40万円でどう?といわれたときは心が
動きましたが。
キヨタニ
2008/04/23 10:03
郊外ならば車は必需品ですが、都会では寧ろ邪魔ですね。レンタカーで充分。
そもそも、速度のの出せない日本で燃費の悪い外車(偏見)に乗る必要性が何処にあるのかと。
それはさておき、個人的にキヨタニ氏には軍事仕様のウニモグを乗り回して欲しいですね。
foo
2008/04/23 11:51
 少子高齢化と非正規雇用の上昇、さらに物価上昇と賃金が上がらないことが原因ですよ。決して女性の民度が上がったわけでもなんでもない。そもそも年収600万以上の未婚男性を4割女性が望んでいるのに対して20代から30代における独身男性たった3・5%だとさ。

ななし
2008/04/23 13:06
年収¥100万円にも満たない大和新世代が、車を買って、維持できるわけが無い。とにかく、セダンが売れんねぇー!
guest
2008/04/23 18:58
キューベルワーゲンだと独逸マニアのおっさんホイホイになってしまうぞ!
ざんぶろんぞ
2008/04/23 21:59
 3月末まで、軽四を主に販売するディーラーで、車検・点検後の清掃・洗車のアルバイトをしていました。そこで私が目にしたのは、自分の部屋の延長を通り越して最早「走るゴミ箱」と化した多くの車でした。それは、車がステータスであり憧れであった私の年代からすると、「ものづくり」の終焉を思わせるに十分な、惨状と言っても過言ではない有様でした。
 車そのものを大事にしていそうもないだけではなく、身の回りのあらゆるモノが購われる傍から乱雑に扱われ、無造作に車内に放置された挙句にただの「ゴミ」と化していく。私の世代からすると、新車を買ったらまずワックスを掛けそうなものですが、新車点検の車のほとんどにその形跡は見られませんでした。
 十年ほど前からでしょうか、あるメーカーが「ものづくり」と云う語を盛んに使い始めて製造業の根幹となる技術の伝承や育成に力を入れているようですが、自動車産業末端の現場で多くの車の使われ方を目の当たりにしますと、「ものづくり」の時代はもう終わったのだと感じずにはいられませんでした。
 伊郷五十八
2008/04/24 12:57
「ものを大切にしない・ものに感動を覚えない」のは、幼少期からの絶対的なものづくり経験の欠如と欲する物をいとも簡単に与えられてしまう環境からきているのではないでしょうか。かつてこの国の子供の多くは欲しい物をなかなか買ってもらえず、せっかく手に入れた物を宝物のように大切にしていました。また与えられた条件のなかで、自ら創意工夫しておもちゃを作っていましたね。プラモデルひとつとっても魂込めてつくった一品は格別のものだっし、なにより作る過程を楽しんでいましたよ。一方現在の遊びの主流はテレビゲームや携帯電話だったりするわけです。そこにものづくりは存在しないし、重要なのは機能とソフトウェアなわけ。車にしても運転を楽しむとかデザインより機能性重視、家電製品のような車が増えていますよね。ワンボックスカーなんて動く冷蔵庫みたいなもんです。結果、車に対する興味関心はさらにどんどん薄れていき、コスト優先の考えから売れなくなっていくわけですなあ。
矢野
2008/04/24 19:21
私は、山間部豪雪地帯・電車なしバス廃線地域に住んでいます。車が無いと仕事にもいけませんし、買い物もできません。しかも、兼業農家ですから、軽トラックと軽自動車、妻のVWゴルフ、ランクル100VX、スターレットの5台所有しています。維持費が高かろうが持っていないと生活できないです。公共交通機関の発達している都市部の方には解らないでしょうが・・・
慶一朗
2008/08/12 13:23
おそらく将来は携帯電話に関心のない若者が増加するだろう。それで中年になったクルマに興味のない現在の若者はおどろくだろう。「若者が携帯電話ももたいないなんて信じられない」こんな感じかな。
レオン
2009/05/04 17:49
私は都会に住む若者と呼ばれる世代のものですが、周囲を見渡しますと趣味の多様化による車への興味の相対的な低下は起こっていると思います。
いまどきの若いいい女は、男の将来性しか当てに出来ない様子ですね。その際、分不相応な高級車に乗っている男は、判断能力の低い男性として真っ先に切られるのでしょう。
とおりかかった名無しです
2009/07/12 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
【民度の向上】「ステータス」今は昔 若者“車離れ”加速 販売減、レンタカー増 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる