清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【科学者の良心とは】ロボットスーツ「HAL」を量産化 ベンチャー企業サイバーダインが起工式

<<   作成日時 : 2008/04/19 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/87560.html

 開発者である筑波大の山海嘉之教授ですが、この人の軍事技術には協力しないポリシーだそうです。それは一つの見識だと思います。

 そういう思いも理解できないわけではありませんし、科学者が研究費欲しさのためとか、あるいは平和のためと頑張って原爆開発しちゃったりしてきたことなどありました。まあ、良かれて思って研究したら世界に害毒をまき散らしていた、という例は他にも数多あります。
 学者があまり軍に協力しない方がいいとはある程度ぼくも思います。

 ただ、個人的には半分はそのような考えには賛成できないわけです。

 これらのロボットスーツ=パワードスーツやロボットが世界中で開発されているわけです。実際ドンドン実用化されているわけです。
 で、将来どうなるかというと戦場はロボット化の方向に進いんでいます。これは不可逆的なトレンドでしょう。

 そこで問題なのが我が国で軍用ロボット技術が進まないと、いざ戦争となったときに生身の自衛官がロボットと戦う羽目になるわけです。まさに映画「ターミネーター」未来の戦いのような悲惨なものになるでしょう。
 相手の無人戦闘機や無人戦車は壊れるだけですが、自衛官や一般の日本人は死んだり、大怪我をすることになります。しかも相手は疲れないし、恐怖も感じません。殺されるのは日本人だけ。

 自国の「軍人」がそのような状況に置かれるというのはぼくは避けるべきだと思います。
我が国はロボット大国といわれて産業用ロボットでは圧倒的に強いわけですが、UAVやUGVなど無人機の実用化では米国は勿論その他の国の軍隊から大きく後れを取っています。

 また将来歩兵システムでも米仏から5〜7年ぐらい遅れています。既に将来歩兵開発を進めている国々の標準化会議にすら参加していません。

 最大の原因は防衛省・自衛隊のグランド・デザインの欠如(ハッキリ言えば想像力の欠如です)、また既存の防衛産業以外とつい合おうとしない硬直的な体質が大きいでしょう。
 が、産業界やアカデミズムの世界も防衛に首をつっこみたがらないということもあると思います。ある種あまりに潔癖すぎるとことろがあるのではないでしょうか。

 ですから山海嘉之教授にも「ターミネーター」シリーズを見ていただいて、あの将来の人類の立場に自衛官や日本人を置くのことが人道的かどうかということも再考していただければ、と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
しかも山海研には特ア出身ののスタッフも結構居たはずです。

講演を聴いた時、日本で軍事転用しなくても、10年後にはHALもどきを装備した人民解放軍や韓国海兵隊を見ることになるんだなって思いましたね。
響也
2008/04/19 17:20
どれだけ働きかけても
軍人=人殺し
人殺しが戦争で死ぬのは自業自得、死ぬなら勝手に死ねっていうスタンスの人なら何をいっても無理でしょうしねぇ・・
法を改正して無理やり引き出させるか
技術はあっても資金の無いような所に金を出して共同研究にしたりするのもいいかもしれませんねぇ
まぁそれでまた防衛予算が減ったら元も子もないですが・・・
海老天
2008/04/19 18:16
響也さん大丈夫ですよ。
HALはものにはなりません、
大和ハウスはババをを掴まされたって所でしょう。もう2〜3年経てば馬脚があらわれると思いますよ。
higeoyaji
2008/04/19 20:02
サイバーダイン以外でもパワーアシストデバイスを研究しているところは有ります。
http://panasonic.co.jp/ism/idea/10/index.html
ホンダの2足歩行ロボットが出た後、あまり時間を置かずに複数のメーカが開発に成功しています。
まあ、比較的短期間で追いつくのでは?
774
2008/04/20 00:50
このHALは、介護する人には、使えるものの、戦場で、ロボット兵として使うことは出来ない。 あくまでも、自律+遠隔手動操縦型でないと、戦場ではダメな様な気がする。 日本の趣味的研究会としては、地雷爆破遠隔手動操縦型無人車両、クラスター爆弾除去無人車両から、世界へ貢献するのはどうかと提案す。 防衛族、防衛官僚、現職部隊は、有人から無人&遠隔化へアレルギーが強すぎて、コストパフォーマンに優れた自律+遠隔手動防御兵器の研究開発も、試作も無理だ。 筑波大の山海嘉之教授側も、泥臭い製造技術が無いので、研究開発段階止まりであると思う。
guest
2008/04/20 17:12
はぁ知能の自立化ですか?幾ら無人化を進めても、戦争をするのは宗教という物に取り付かれた人間がやるという事です。機械が戦争をする事ではなく、機械を道具にして、人間が戦争をするという事です。自立した知能を作るという事はフランケンシュタインを作るという事という事です。キャシャーンをみていないのでしょうか?この人は、その昔に自立した知能を持った戦車が暴走して、人間を殺しまくるというアニメがありましたが、これが現実になるという事です。
酒饅頭
2008/04/20 18:39
この種の道具は人力とフォークリフトの間を埋める為にあると認識しています。
普及してしまえば自衛隊が導入しても文句は言えないでしょう。
思い砲弾等を運んだりするのに便利そう。
中核自衛隊
2008/04/21 19:27
一番導入したがっているのは運送屋じゃないかと。
名無し
2008/05/05 01:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
【科学者の良心とは】ロボットスーツ「HAL」を量産化 ベンチャー企業サイバーダインが起工式 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる