清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本船と日本人船員を倍増、海洋基本計画原案は絵に描いた餅?

<<   作成日時 : 2008/02/05 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

日本籍船5年で倍増、資源開発計画も…海洋基本計画原案
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080205-OYT1T00039.htm

 でもって、「海上輸送に多くを依存する我が国にとって、非常時の海上輸送の確保等の面から問題がある」からそれに対処するために、1〉日本籍船数を2008年度から5年で2倍とする〈2〉日本人外航船員数を10年で1・5倍とするそうです。

 これを実現するために軽減税制やら恩恵を与えるそうです。
 これが絵に描いた餅でしょう。よしんば税金が安くなって日本船籍が増えても船員は外国人のままです。だって人件費が違います。企業は当然人件費の安い外国人船員を使い続けるでしょう。
 仮に日本人船員が増えても船員組合は戦争協力をしないと言っています。つまり戦時や準戦時において彼らは乗り組を拒否するでしょう。航空会社も同じです。
つまり絵に描いた餅です。

 海自もシーレーン防衛と行ってきましたが、そのシーレーンなるもの自体が存在していないのです。今に至るまで。

 前からぼくは主張しいていますが、海上自衛隊の経験者を船員として斡旋、これを受け入れた企業には人件費を補助し、税金も安くすべきです。
 その代わり、有事には乗組員ごと船舶の徴用を受け入れることを前提とする。

 こうすれば有事の最低限の輸送を確保できるし、海上自衛隊OB(これに海保のOBも加えてもいいと思いますが)の再就職先を確保できます。しかも防衛産業に天下りを減らすことができれば、それは防衛装備調達費の削減にもなります。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも拝見しております。

>仮に日本人船員が増えても船員組合は戦争協力をしないと言っています。

これって実際どうなんでしょうか?
第1次大戦の際も結果的に第2インターナショナルは崩壊しましたが。結局、ナショナリズムはイデオロギーを超えるんじゃないかと思うのですが如何でしょう?
明石蛸
2008/02/06 00:17
政官産軍学共同体エゴが、ナショナリズムやイデオロギーを隷属させてしまい、地球規模の善き合理性へ収斂していないことこそが大問題です。 そりゃ、已む無く推進する越境越後屋経済学(ボーダレス産業経済の別名)が国家なる粗雑な幕藩体制を崩壊させている批判は甘んじて受けるものの、政官産軍学共同体エゴこそが、全ての不合理の根幹ですよ!
guest
2008/02/06 10:09
相変わらず意味不明ですね。
 
2008/02/06 19:46
頭おかしいんでしょ。
よく他人のブログでこんな的外れなこと言えるんだろ?

2008/02/07 02:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本船と日本人船員を倍増、海洋基本計画原案は絵に描いた餅? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる