清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 限界集落とホームレス

<<   作成日時 : 2008/01/25 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 13

 地方の過疎地では限界集落が問題になっています。

 そこでです。そういう限界集落にホームレスやの社会復帰キャンプをつくってはどうでしょう。全寮制で規則正しい生活を送らせ、農業や林業、炭焼きなどを行わせる。そういう職能を身につけさせる。で、世間並みの賃金を払い、一部は強制的に貯金させる。
 農地は高齢化が進んで自分では農業ができなくなった地元の農家から安く借りればいいわけです。
 いっそのこと限界集落は集落ごと町に移住してもらい、そこにキャンプをつくってもいいでしょう。集落をそうすれば集落を維持するコストも掛からないし、無駄な道路やハコモノをつくる理由も無くなります。

 三食付住で、周囲には金を使うところがないから金も貯まるでしょう。費用は国家が負担すればいい。里山の保全が出来るし、農業などの収入も期待できる。彼らが社会復帰してくれればその後生活保護を出す必要も無くなる。
 職員は余っている農水省やら国交省、社会保険庁、あるいは独立行政法人の職員、地方自治体の職員を当てれば宜しい。余っている人間は山ほどいます。 

 生活保護をばらまくよりも遙かに効率がいいはずです。しかも過疎化の歯止めにもなる。また、都市はホームレス対策のコストが激減するというメリットもあります。

 その代わり、都市部などでのホームレスは許さない。発見次第警察が強制的に保護をする。

 こう書くと、まるで刑務所だ、人権に侵害だとか憲法違反だとかいわれるでしょう。ホームレスの中には単に働きたくない人もおるでしょう。それを無理やり働かせるのは如何なものか、非難されるかも知れません。
 ですが、我々は働きたくない人間を養うために税金を払っているわけではないはずです。
働かないのは個人の勝手です。ですが公園などに勝手に住み着く権利はないはずです。
自由と単なる身勝手は峻別すべきです。
 
 ある程度強制力を持った自立支援のシステムが必要だと思います。自立したいという願望があっても、意志が弱くて実現できない人には、ある程度自由を制限しても生活のリズムを整え、自活するための手段を学ばせる必要があると思います。

 むしろ現状のままで、野宿生活を続け、医療も満足に受けられないような状態に彼らを放置する方がマイナスでしょう。

 まあ、こういうシステムが出来ちゃうと一番困るのがホームレスを支援する「支援団体」の人達でしょう。ホームレスが自立してしまうと自分たちのレゾンデートルが無くなってしまいますからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい!
是非とも、政府(もしくは議員)に提言していただきたいです。
都市圏選出議員で、「現実的な層」の後押しで当選してきた人なら、何か動いてくれるように思います。

どうせ、「左巻き」は生物学的現実から
毎年減少していくのですし
TOR
2008/01/26 03:18
しかし住民が納得しますかね?間違い無く殆どの住人が反対すると思います。そりゃ誰だって身元の知れない「元ホームレス」が村を闊歩するなんて嫌がるに決まってます。まだ刑務所の方が施設内に隔離するだけマシと思う人も多いでしょう。それにとかく保守的な田舎特有の「近所つきあい」にホームレスが適応できるとは思えませんし。でも「廃村」でならそういう施設を作るってのはアリかもしれません。入っちゃ逃げ出すを繰り返す恐ろしく効率の悪いシステムに成りそうですが。

2008/01/26 07:27
いい意見。しかたなしボランテイアをした経験から「限界集落」の問題を指摘す。 地域の道普請とか、用水路の草取りとか、地域の共同作業が崩壊すると、過疎地の住民生活は成り立たない。だから、老々世帯となり、独居老人世帯となった場合には、行政側は、里に降りて暮してもらうか、老人ホームとか、介護施設への入居を勧めるしかない。そこで、受刑者や、ホームレス(若い世代)の限界集落での生活を保障し(最低限度の生活費用支給で)、森林伐採&管理とか、道路整備、水路管理、草取り(半端な作業ではない)とか、郵便の確保とか、様々な雑用をしてもらうのはいいことだと思う。政官を介入させずに、自治ボランテイアに委託すれば、限界集落の支援は可能だと思う。政官学がチョッカイを出すのが一番ダメである。限界集落は、多種多様な地域ハンデキャップ(心身障害の意味ではない)が存在し、法律の画一的な適応が困難な地域である。
guest
2008/01/26 10:03
施設は刑務所までと行かなくても、自由をある程度束縛する必要であるでしょう。一年とか二年とか。
キヨタニ
2008/01/26 10:48
他所でも書いたけど、限界集落こそ農業大規模化のチャンスがあると思う。
K
2008/01/26 13:32
大都会でネットカフェ難民をやっている者などもホームレスと一緒に社会復帰村に住ませて様々な訓練を受けさせてやるといいと思います。社会人としての基本(時間の厳守や礼儀作法など)が出来ていないものが多そうですから。鬱病などを併発していて働くのが困難な者のために社会復帰村と近隣の医療機関との連携も視野に入れる。
 でも「人権侵害だ!」と喚く連中が大勢出てきそうですね。
きるすてん
2008/01/26 13:50
過疎化に悩む村へ行って役所の人と話をしたことがあります。
それによると、土地も空き家もあるのですが、持ち主が貸したがらないのだそうです。都会からの移住希望者は、むしろ増えているのにも関わらず、住む場所がなかなかないので断念する人が少なくないとか。
シロ
2008/01/26 21:18
貸さないのは法律が未整備で返ってこない可能性があるからです。
国や自治体が買い取るか、保障を与えるしかないでしょう。
キヨタニ
2008/01/27 17:19
 田舎暮らしをテーマにした雑誌には、格安(でないのもあるが)の物件が多数売りに出されているんですけどね。やはり、買うともなるとリスクがあるし、借りたいという人も多いのでしょうか。
 でも、実際に地方(それも積雪地)に住むと、街中に出て行こうとする人の気持ちも分るんですよ。
土門見人
2008/01/27 17:25
日本で結核患者数が多い地域は東京と大阪です。理由はホームレス。栄養不良に不衛生な環境にいるんだから当然ですね。
で、近隣住民はそんな保菌者の側でくらさなきゃいけないんですよ。

そういう意味でキヨタニさんの意見には大賛成ですし、鳥インフルエンザとかで大騒ぎする癖に、この手の話を無視するマスコミの論調も大嫌いです。
くるっと
2008/01/27 18:05
田舎に住んでるんで一言、
ホームレス云々については勘弁してください面倒見切れません。
法律が未整備で賃貸や売買が進まないのは事実です。自分も農家の長男ですが、農業で食ってけないから電気屋をやってます。土地は、市街化調整区域だったりして売ることも貸すことも出来ず、今は親父が元気だから土地を荒らさないでいられるけど将来どうしたもんか。
テレビでも雑誌でも食料自給率が・・言う割にはなにも変わらずですし。
電気屋
2008/01/27 21:25
昨年夏に限界集落の「草刈奉仕隊」のボ自主ボランテイアをした経験では、一軒の老々世帯が空き家になると、その周辺が背丈もある草に覆われ、地域の共同作業が不可能になり、地域のコミニテーが崩壊するので、次々と老々世帯が里に降りてしまうから、あっと言う間に、集落の住民が居なくなる。行政側は、残る老人世帯を老人ホームへ送り込み、そこで面倒を見るか、財政が豊かな市町村に住んでいる親族を探し、そこに強制移住させるかの選択を迫られる。田舎暮らしなんて言うTV番組は、彼らの老後の姿を想定していない。唖然とする光景が広がる
山里にショックを受けた。議員や官僚は
泥臭く限界集落の問題を捉えていない。
そりゃぁ、財政が豊かな市町村に移住を勧める行政エゴは、悪いことは充分に承知しているも、そうしなきゃぁ、地方の財政があっと言う間に破綻してしまう。
↑ 電器屋さんがあるなら都会ですよ!
2008/01/28 06:42
↑正確にはやとわれ電気工事屋さんなんです。
電気屋
2008/01/28 19:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
限界集落とホームレス 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる