清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【揮発油税(ガソリン税)の暫定税率見直し】道路建設の代わりにランクルを支給しては?

<<   作成日時 : 2008/01/21 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

通常国会:召集 ガソリン税率、攻防の焦点 民主、世論の追い風期待
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080119ddm003010038000c.html?inb=yt

 揮発油税(ガソリン税)の暫定税率見直してガソリン、リッター当たり25円を下げるというのが民主党案です。これは同党のお得のばらまきのポピュリズムです。むしろ副作用が大きいでしょう。

 そんなことよりも現在の円安誘導政策をやめて円高誘導にシフトすべきです。金利を上げるとか、外資による買収を司法が妨害するのをやめるとか。為替が2割も上がればガソリンだけではなく、多くの食料・原材料の値段が下がります。海外旅行なども増えるでしょうから内需拡大にもプラスです。

 最近日経もやっと円安誘導はおかしいというキャンペーンを張っています(何を今更と云う気がしますが)。輸出企業は非価格競争力も高いし体力もある。多少円高に振れても問題はないでしょう。ですが、何故か政府もメディアも円安歓迎ムードでした。
 プラザ合意の時も日本経済はもうダメだとう悲観論ばかりでした。
 
 円高はGDPの6割を占める個人消費を刺激します。揮発油税の暫定税率見直しするならば、その浮いたカネで国の借金をかえすべきです。個人消費が低迷している理由の一つは国の巨額な借金です。将来に不安があれば誰も支出は控えます。個人消費を喚起するのであれば、将来の不安材料である国の赤字を削減すべきです。誰も使わない道路を造るよりも貼るかに有効な使い道です。


 さて、かといって道路特定財源のためガソリン税に上乗せもどうかと思います。どうせ過疎地で使いもしない道路つくっても利用者も少なく、維持費だけは孫末代までかかります。土建屋と政治家と官僚だけが儲かるだけです。
 
 しかも高速道路ができることよって買い物客や労働力が付近の中堅都市に流れるケースも多でしょう。そうなると道路を造ったことによって益々過疎化が進むことになります。
道路が出来れば景気が良くなると信じているのある種奇異な新興宗教を盲目的に信じているとの同じです。換言すれば民度が低いということになります。

 金が欲しいというならば道路という効率の悪い「換金システム」を通すよりむしろ、直接金を自助努力をする気位も頭もない「シャブ中乞食」にばらまく方が余程効果的です。

 いっそのこと道路をつくる代わりに過疎地の各家庭にランクル(別に他のオフロード車でもいいのですが)をバラまいたらどうでしょう。道路を建設するより(道路を造るにして未舗装)遙かに安価です。浮いたカネでドクターヘリを導入するとか、弁護士や医師を呼び込むとか、税金の有効な使い方があるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
暫定税率
暫定税率問題・自民党、民主党幹事長が討論【<やじプラ朝いちヘッドライン>暫定税率問題・自民党、民主党幹事長が討論】町村官房長官は3月で期限が切れる暫定税率を延長することが地球温暖化対策につながると強調。また衆議院の解散総選挙を目指す民主党の姿勢を批判。自民党・伊吹文明幹… ...(続きを読む) 揮発油税の暫定税率撤廃によるガソリン値下げまた、民主党が揮発油税の暫定税率撤廃によるガソリン値下げを掲げていることに関しては、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスを削減しようという世界の流れに逆行... ...続きを見る
Googleニュース検索キーワード
2008/01/21 11:07
軽油引取税 暫定税率ラーメン食べました
暫定税率廃止問題!!今月、自民党が延長法案を提出しますが、現在の国会はねじれ...暫定税率廃止問題!!今月、自民党が延長法案を提出しますが、現在の国会はねじれ状態です。はたして可決されるのでしょうか?今月中に可決されなければ、4月からガソリンが下がりますが・・・自民党はど&... ...続きを見る
CTYF
2008/01/21 14:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 現実問題として急激に円高誘導したら、日本の国際競争力は下がり、日本政府の対外的な債権は減り、日本国債を保有している主要金融機関の資産をふっとばしますよ。日本の技術力のある輸出企業は買収されるリスクが加速しますよ。

 さらに、少子高齢化で年金問題も解決していないのに、年寄りは消費はしない、若者は非正規雇用で、サラリーマンは子育て、家賃とかリストラにおびえながらぱいいっぱい、ぜいたく品までお金が回るのでしょうか?食料や資源の問題はまだまだ続きます。
ななし
2008/01/21 10:06
 おそらくマクロ的な観点からでしか物事を考えてないから、自分といつも食い違う。

 円高になれば、内需が潤うという1980年代の先進国が世界経済をひっぱっていた時代ではないという観点から抜け出せないでいる。

 ガソリンは首都圏は交通手段がしっかりしているから問題はない、問題は地方だ。大店法の影響もあるんだが、地方は車がないと買い物に仕事にもいけないのだ。だからガソリン代の影響で家計が逼迫している。さらに有効求人倍率も低い。
地方交付税を減らされ、厳しくなっている。中には輸出中心の企業誘致を行い、なんとかお金を地方におとす努力をしている自治体もあるんだが、それでもなかなか地方は活性化されないのが現実だ。円高になれば、輸出企業も海外に出て行かざるを得なくなる。そうなるとますます地方の疲弊が加速する。

団塊の世代が年金を受給する側に回ればどうなる。そういう状態だ。円高にしたところで解決しないわけだ。
ななし
2008/01/21 10:19
北海道で特に問題になってたかと思いますが、広大な畑を原野・草原と勘違いした旅行客が、オフロード車で農地に乗り入れて轍だらけにするという事件があるそうで。
オフロード車運転に先立って、運転者への教育が必要な希ガス。
とーりすがり
2008/01/21 23:17
道路の建設や改造は都市において必要である。渋滞を無くすパイパス道路の建設は経済効果が大きい。また、都市計画なしに道路が作られているから、道路幅が狭く歩道がなくて危険な道路があちこちにある。
miyama
2008/01/22 19:10
 民主ばかりでなく、自民もばらまきだけど。クマ道路、タヌキ道路を作るのだからね。
 タヌキ道路を作る業者のところへ、百姓が人夫に行って、現金収入を得る。かくして、かろうじて農村は維持される。
所得分配装置みたいなものだ。
 しかし、農村にも、赤帽みたいな宅配、零細な運輸業者、時給700円で2,30キロ離れた職場に通勤する主婦もいる。
 こちらに直接、注射するのが民主、票のため道路工事を取るのが与党。道路工事業者の社員も、社長がボーナスくれないし、交通費もろくに払ってくれないから、票にはならんと思う。社長と、その妻の二票は買えるがね。
はかたのさとう
2008/01/24 15:40
>揮発油税(ガソリン税)の暫定税率見直してガソリン、リッター当たり25円を下げるというのが民主党案です。これは同党のお得のばらまきのポピュリズムです。むしろ副作用が大きいでしょう。
菅直人代表代行は間違えて「ガソリン値上げ隊」とか言っていたらしいな。ガソリン値下げじゃなく値上げ・・・
ガソリン値上げなんて与党も言ってないし。
テロ法案にしろ暫定税率法案にしろ、法律期限切れにあやかり、とにかく注目されるものに乗っかることありきに見える。そのため、民主党は国民のために何をしたいのかという強烈なメッセージがいまいち伝わってこない。
へろ
2008/01/24 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
【揮発油税(ガソリン税)の暫定税率見直し】道路建設の代わりにランクルを支給しては? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる