清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【金融だけでメシが食えるか?】』ビッグ3、米国での新車シェア5割切る・11月

<<   作成日時 : 2007/12/05 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071204AT2M0400U04122007.html

 モノ作り軽視の結果です。

 モノなんぞつくらず、金融で儲ける方が、儲けがでかい。あるいはアイディアやITといったソフトの方が儲かる。そういう考えが社会を支配しているわけです。
 しかも経営者は四半期ごとの成績や株価を問われますから、長期を睨んだ経営ができない。自動車だけではなく、造船(軍艦除く)、原子炉、鉄鉱、衣料、皆同じです。

 そんなわけで米国の製造業は衰退しているわけです。

 小さな会社などでは設備投資も従業員のスキルアップもカネを出さずに、低賃金の労働者ばかりを雇ってコストを下げ、儲けは経営者が全部懐にいれる。そんなメーカーも少なくありません。もしくはメキシコや中国の会社に生産を丸投げするわけです。

 アングロサクソン的なゼニが儲かればいいという、ビジネスのスタイルが行くところまで行っている気がします。 
 で、超金持ちと貧乏人ばかりが増える。第三世界と同じ構図になっています。

 ですから防衛産業でも、飛行機メーカーが「システムインテグレーター」になっていまず。製造業が製造業離れをしているわけです。これはシステムが複雑化している現在、ある程度仕方ないのですが、L3みたいな「電気屋」が輸送機のプライムコントラクターになったり戦闘機屋がヘリコプターのプライムコントラクターになるのはどうよ?とあたしゃ思います。


 気がつけば小火器、迫撃砲、榴弾砲、装甲車、ヘリコプター、米軍の兵器は外国製ばかりです。その手引きをしているのが、米防衛大手の「システムインテグレーター」です。また米国製兵器のサブコンポーネントも外国製の比率がかなり上がっています。M1戦車のレーザー測距儀のツァイスです。
 で、米国で工場を作り、生産しているのは欧州企業ばかりだったりしています。米国のパワーの根源である軍需産業が空洞化しつつあると思います。
 
 別に金融で儲けることが悪いとはいいませんが、人口が3億人もいる国で製造業が衰退して、これから長期にわたって国民が喰っていけるのか。他人事ながら気になります。
 金融屋とマクドナルドとウォルマートだけで国が回っていくのでしょうか。

 まあ所詮人の国ですからどうでもいいんですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
商品ということで見るとビッグ3のクルマは決して悪くありません。70年代末〜80年代中頃に比べれば日本車との製品クオリティの差は明らかに縮んでおります。

90年代中頃からビッグ3は魅力ある商品開発を目指し、当時市場で人気のあった中・大型車の開発に力を注ぎました。ところが、それらのクルマが市場に投入されて間もなく石油価格の高騰が始まったわけです。結果、クルマの完成度や魅力よりも、経済性に優れた車がもてはやされることになりました。

最近デビューしたキャディラックにしても、クライスラーにしてもクルマとしては魅力的ですし、商品としての完成度も低くはありません。現行のマスタングなどは技術的に拙いところはありますが、なかなかに魅力的です(じつは欲しい)。

たしかに金融やソフト産業に偏重している部分は否定できませんが、それでビッグ3を一刀両断してしまうにはちょっと気の毒かもしれません。90年代にこれまでの製品開発に投資してこなかった失敗を反省して、社内改革を行ったのにねぇ……。まあ、市場動向を読み切れなかったツケを払わされているだけ、と言われればそれまでなんですが。
ドラゴン山崎
2007/12/05 02:49
アメリカの製造業が衰退、とか言われてもう30年くらいたってるねえ。
abcd
2007/12/05 04:38
米国の自動車産業とは、重要な防衛産業でもあり、この製造業の衰退は兵器の不良の多発原因となる。イラクに放置される膨大な有人不良兵器は、米国の生産技術の衰退から来るものであるが、翻って、日本の半導体産業はどうか
? 幕藩産業や、幕藩防衛の基本を担う半導体研究非正規社員研究員の年収が¥100万円以下の研究奴隷身分でいいものであろうか? しかも、公租公課が奴隷持ちなんて、言う現状を放置する経団連、同友会、悪名高き厚労省の労働法認識があまりにひど過ぎる。国際労務上からも、正規、非正規の労働整合性が取れない。非社員研究員が正規研究員をマネジメントする馬鹿げた労働管理現象は、日本社会の劣化である。同一労働に於いては、正規、非正規、問わず、労務費は
同じにし、この差別が無意味な労働法に
しておくのが、労働市場化前に必要だったのだ。小泉−竹中ラインのあまりに粗雑な労働市場化策が及ぼした重大な罪である。

 
guest
2007/12/05 07:50
他人というかアメリカ経済がおじゃんになったら、連鎖で世界恐慌再びでかなりヤバイ状況になるような
モスバーガーまずくなった
2007/12/05 15:07
 ものつくりで日本に負けたから今度は金融戦争をしかけてきたんですよ。

 まああの国は1980年代に貿易赤字を出してからもうおわってます。

 貿易赤字をどうにかしなければならんでしょうが、どうにもならん。

 いざとなれば踏み倒せばいいわけですから。まあ圧倒的な軍事力を背景にドルを印刷して経済や景気をまわしてきたわけですが、もうインチキ神通力もどこまでもつでしょうね。
ななし
2007/12/06 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【金融だけでメシが食えるか?】』ビッグ3、米国での新車シェア5割切る・11月  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる