清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【彼我のメンタリティの違い】「フランダースの狗」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画

<<   作成日時 : 2007/12/25 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071225i302.htm

 欧米人には日本人が何故この物語が好きか、メンタリティ的に理解できないそうです。で、それが何故なのかを検証した映画監督がいたわけです。面白い着眼点だと思います。
 
 「あかんたれ」とか「おしん」(少し例が古いですね)とか日本では主人公がこれでもか、これでもかと苛められるドラマが受けるわけです。でも決して主人公は世間を恨んだりせず、まっすぐ、健気に生きていく。それが日本人は好きなんですね。主人公に思わず入れ込んでしまうわけです。

 ところが欧米では「フランダースの狗」は「負け犬の死」であり、共感を生まないわけです。自らの努力で現状を変えていこうと努力することが賞賛されるわけです。弱いものが死んだり酷い目に遭うのは自己責任だと。
 それが真っ当な努力ならいいわけですが、インチキ宗教キリスト教を尖兵に侵略をしたり、黒人を奴隷にしたり、中南米で金が欲しいがために原住民を皆殺しにしたり、タスマニアで原住民をハンティングで殺したり、支那にアヘンを売りつけたり、植民地から資源と富を略奪し、愚民政策を推し進め、部族対立を煽ったりしてあくどい「努力」を行ってきたわけです。

 彼らは意識するしないに拘わらず、それが当然、搾取される連中が悪い、自己責任だと思っているわけです。日本人のようなやさしいメンタリティはないわけです。
 
 ですから旧植民地に対してまともな謝罪もしません。罪の意識がないのですから。
 そのくせ自分たちの悪事を棚に上げて、日本に鯨を虐めるな(土人は殺しても奴隷にしてもいいらしいが)とか「従軍慰安婦問題で反省しろ」とか、ありもしないデマをあたかも本当のことように言い立てて、お前ら反省しろとかいいたい放題いうわけです。
 欧米人が自分たちの国の過去の所行をまともに反省していたら、こんないけズウズウしいことは言えないはずです。

 我々日本人ならばとてもそんな恥ずかしいことはよう言えんわけです。

 別にこれがいいとは悪いとか、この際は言いませんが、メンタリティが違うのですよ。同じ人間と思うと腹が立つ。あれは別な生き物だと思った方が宜しい。

 これは男女の間も同じです。男は女を、女は男を同じ人間と思って話をするからすれ違いや誤解、喧嘩が起こるわけです。
 あれは別な生き物である、そう思って接した方が摩擦が少ないし、違う生き物だからという視点で観察した方が相手のことがよくわかるわけです。完全に理解は出来ないでしょうが。
 少なくとも無用な摩擦は防げます。


 ところが日本人は外国人も「同じ人間」で、自分たち同様に「やさしい」と思って交渉をするから痛い目に遭うわけです。
 我々は彼らと付き合う際にこのようなメンタリティの違いを念頭におくべきです。特に職業外交官は。

 恐らく浪花節が好きなアラブ圏では「フランダースの狗」は受けるのではないでしょうか。今度東京財団の佐々木良昭氏にお会いしたときにでも聞いてみましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アリとキリギリスの話ですが、日本版と中国版ではラストが違うのです。日本版ではアリはキリギリスを家にいれ、スープを飲ませる。改心したキリギリスは、翌年の春アリと仲良く畑を耕す。中国版では、アリはキリギリスを見殺しにします。理由は、「ここで甘い顔をするキリギリスは付け上がるから」だそうです。
これは、極めて示唆に富んでいます。日本人は、善意で接すれば相手も善意で応えてくれると考え、何度も失敗を繰り返しています。
「相手は同じ人間ではなく、宇宙人と思え」という開き直りが必要なのかもしれません。
シロ
2007/12/25 23:58
浪花節が好きなアラブ圏?
abcd
2007/12/27 00:54
 アリとキリギリスの結末は、昆虫を観察すれば、自明なことなので書かれていないそうです。
・・・五島勉氏の「イソップ物語 その恐ろしい真相」の受け売りですが。

 
 
2007/12/29 03:22
世の中を よくわかっているかということですよね。やはり 子孫繁栄という欲ですね。
おしん あかんたれ 涙しながら いいドラマでした。日本は 敗戦して 焼け野原から 復活して 犠牲者もでたのかもしれないけれど
ベビーブームで 生産性を上げ 輸出入で 世界でも 指折りの経済大国になりましたものね
その後 家なき子というドラマが あって 涙でしたね。あのラストは 無責任ですね。
ところで 上の話ですが 蟻は キリギリスが死んだら 食べるだけですね。たくさんの蟻が
巣に死んだ昆虫などを 運びこんで 食料にします。人食い蟻というのが ジャングルにいるのかなぁ?蟻の本能 脳は あるかなぁ?
村石太仮面 名古屋発
2010/12/07 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
【彼我のメンタリティの違い】「フランダースの狗」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる