清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS エコノミー症候群:女性客に集中発生 水分不足が影響

<<   作成日時 : 2007/12/02 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071202k0000m040095000c.html

 女性はトイレに立つのが億劫だからと水分を控える傾向があるそうです。化粧のためにトイレに入るの多そうですが、女心はわからんものです。

 飛行機の中は気圧が変化するだけではなく、湿度が極端に低いので注意が必要です。湿度は10パーセントもないわけですから、日常生活と随分異なります(ボーイングの787はコンポジットを多用しているのでもう少し湿度が高くなるらしいです。 

 ぼくは仕事柄飛行機に乗ることが多いのですが、特に欧州やら中東、南アフリカなど遠距離が多いので体調の維持には気を使っています。
 ぼくは飛行機に乗るとき使い捨てのマスクを使っています。もう10年ぐらい前からです。それと必ずミネラルウオーターのペットボトル、ないしは折りたたみ式の水筒を持ち込んでいます。いちいちキャビンアテンドに水を持ってきてもらうのは億劫です。それに忙しいとすぐに来てはくれません。
 で、食事の時やトイレに立ったときについでにボトルに水を補給して適宜、口を湿らす程度に飲むようにしています。食事の時には逆に水分の補給をセーブしています。一度に多量に水分を取るとトイレが近くなります。
 それから出来るだけ座席はトイレに立ちやすい通路側をチョイスしています。また出来るだけ頻繁に通路を歩いたり、屈伸をしたりします。昔は通路をぐるっと何周かしたりしていましたが、「エココミー症候群」という言葉が無かった10年ぐらい前だと奇異な目で見られていましたが。
 
 またフライト中、あるいは搭乗直前にアルコールは飲みません。機内や航空会社のラウンジは酒がタダだからと口卑しく飲むと体調を崩す元です。
 ぼくはそれほどアルコールが好きでないし、何ヶ月も飲まなくとも別に何ともありません。羊肉も好きなので中東体質とよばれております。まあ、酒はお付き合い程度にたしなむ程度です。
 昔トルコ人の友人とトルコの彼の家に遊びに行き、その帰りの便で友人に付き合ってワインを飲んだらあとが地獄でした。人間経験から学ぶものです。もっといいのは他人の経験から学ぶと痛い思いせずに済むことが多いようです。これが出来れば苦労はしなのですが。

 あとは機内食を食べたら映画を見たり、ゲームをせずにさっさと寝ることにしています。

 それから欧州など西の方から帰国(東に移動)する際にはメラトニンを服用し、更に到着しては出来るだけ朝早く起きて日光を浴びるために散歩をするなどして、時差ぼけを緩和するようにしています。

 シンガポールの空港には足裏マッサージ器がありました。また香港や台湾の空港は足裏マッサージなどのサービスもあります。それからシャルル・ド・ゴール空港などにもマッサージや指圧のサービスがあったりします。乗り継ぎの際にはこういうサービスを使ってリラックスするものよいでしょう。

 観光で行く人はせっかくだからと羽目を外したいでしょうが、現地に到着して、あるいは帰国して働く前に体調を崩しては元も子もありません。
 機内での健康管理は概ね自己責任だと思います。もっとも一番いいのは飛行機に乗らないことなんですが。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 で、乗客より多く飛行機に乗っているキャビンアテンダントの傾向を見てみると、健康上の悩みは多い順に、1 脚のむくみ、2 ストレス・不眠症、3 腰痛、4 ダイエット、5 便秘・生理痛だそうです(JALオフィシャルスタイルBOOK「SKY Beauty」)。厳しい労働環境とストレスにさらされる、見かけとは正反対のジミーなお仕事で、CA自身が「肉体労働者」と称するだけはありますな。
 で、航空会社の産業医も、むくみ予防のために積極的な水分補給を奨めているそうで、他にもあるこの手のテクニックは、見習ってもいいでしょう。(もっとも、元CAによると、その胃袋はモンスター級の底無しで、男を飲み倒し、食い倒しに遭わせる例は数知れずだそうで……飲食だけは見習わない方がいいでしょう。)

 情報源は、こちらのサイト主。
http://www.keiko-web.com/index.
html
土門見人
2007/12/03 20:20
トイレに関しては通路側の座席なら全く問題無いのですが、運悪く窓側、中心部の座席になった時には乗る前にトイレに行くしか手立てがありません。
私の場合出されるアルコールは遠慮無く頂く性質なので(単に意地汚いだけなんですけどね)、10時間以上乗る場合、非常にエコノミー症候群になり易いのではないでしょうか。

そういえば、以前シカゴオヘラ経由で成田に向かった時に、オヘラでのトランジットが4時間以上もあった時がありまして、成田行きのチェックインを済ませて、ウキウキ気分で空港内のバーのはしごをやった時がありました。で、結果は気付いた時には飛行機の中、ちゃんとベルトもしていて、手荷物も上にしまってあったんですね。今でもその時の記憶がぶっ飛んでしまっていて思い出せないのですが、キチンと一人で搭乗出来たのか、それとも・・・
以降「一寸」気をつける事にしました(w
北極28号
2007/12/04 14:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
エコノミー症候群:女性客に集中発生 水分不足が影響 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる