清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【問題の本質】FX(次期戦闘機)の議論に欠けているもの

<<   作成日時 : 2007/12/16 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 7

防衛省、次期戦闘機の導入先送り…F22の禁輸解除未定で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000101-yom-pol

 議論が初めにF−22採用ありき、という気がします。毎度のことですが、初めから本命を決めて議論をするフリをしますから、売り手から足下を見られるわけです。

 本来何故FXが必要かという本質的な議論がなされていないと思います。

 現在のところ、単にF-4Jの後継機が必要というだけが議論の前提になっています。

 本来は近い将来に於ける周辺諸国の航空戦力を中心とする、軍事力の状況を睨みながら、具体的な将来、例えば2015年、あるいは2020年にどのような装備を整備していれば我が国の航空優勢が確保できるといことを議論すべきです。
 因みに某退役空将のお話だと対中国の航空優勢は2010年までは大丈夫、2015ぐらいになると怪しくなってくるとのお話でした。

 その上で必要な戦闘機の性能・機能を決定し、それが何機、いつまでにそれが必要なのかという具体的な調達計画が必要です。
 それはどのようなシナリオを想定するのか、どのようなドクトリンを持つのかとも密接に関わってきます。戦闘機を減らしても空中給油機やAWACS、UAVなどを増やすべき、あるいは制空だけではなく、巡航ミサイルに対する対処の優先順位によっても戦闘機の調達数は変わるでしょう。また燃料弾薬の戦時備蓄も必要です。
 
 またそれにいくらかかるかということも重要です。更に航空機メーカーの統合も念頭に置いた上で、我が国の防衛産業の基盤をどのように整備していくという視点も必要です。

 ところが相も変わらず調達計画は「買い物リスト」の域をでていません。

 戦闘機の選択は「エースコンバット」で遊ぶときの機体を選ぶのは訳が違います。内局や空自の将官達の思考レベルがゲーマーと同様ではいけません。

 特に調達に関してはいつまでに必要な数を戦力化するというビジョンが絶対に必要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【木を見て森を見ない防衛省】 防衛省と空幕は、FXも防衛産業もいらないらしい。
 防衛省 F35情報開示請求へ 概算要求 調査費、最大10億円  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100808-00000098-san-pol  ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2010/08/09 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
これは本当によき指摘です。但し、もしも、本テキスト起草者がゲーマーなる比喩をを用いて、アキバ地球村のリアルネットゲーム 企画(自主研究開発)分野を表現しているのであれば、あまりに、この分野への認識が粗雑であり、認識の是正をお願い申し上げます。アキバ地球村なる感性では、国家なる粗雑な幕藩防衛から、「地球規模の善き防衛」とは何かを考えるなり、理念とすべき時代だと主張します。それは既に研究開発済みの趣味ロボット技術である「遠隔越境制御技術」を援用した防衛に結び付けられると考えます。即ち、対テロを防犯の範疇として捉え、「多国間市民連帯共同防御システム構築」「多国間市民連帯共同防御オペレーション」が未来防衛となるのです。 時代はここまで進んでいるのに、国防総省、防衛省は、あまりに古色蒼然であり、時代に全く遅れすぎています。 
guest
2007/12/17 07:25
有力な戦力であるラプター欲しいなら欲しいで
それを主目標にして外交戦を行うべきなのですが……

政治(外交)と防衛と経済はリンクしていること自体を気付いていない方が“多すぎる”ようで。
オブジェクト
2007/12/18 02:31
当初、業界からのF-2改の要請がぶちあげられながらも
F-22Aが候補の最筆頭にあげられた頃は、この機体を
切っ掛けに航空産業の再編なんて事もあるのか?と思っていましたがねぇ…


2007/12/18 04:47
実際、F-22しかないと思うけど。
どうつくろっても隠しようが無いんだから無駄じゃないの。
何をどうしろというのかねえ。
abcd
2007/12/18 05:15
【問題の本質】は、FX(次期戦闘機)に象徴される有人戦闘機の時代は終わったと認識し、民間側(無人機開発趣味研究会)がすでにコストパフォーマンスに優れた無人機飛行制御技術(趣味的遠隔越境制御技術)を完成させているにも関わらず、この重要技術を認識できない国防総省、平成大本営、防衛族、防衛官僚、学者、評論家、メデイア(通信社、新聞社)のお粗末な頭脳にあると断言す。今日は、母国で軍事システムを構築し、明日は、越境奴隷として、敵国に渡り、それぞれの地域で軍事部品を作る時代にありて「地球規模の善き防衛とは何か」を提示できない国防総省、平成大本営、所属する各国兵器開発エンジニアは恥を知るべし! もう、幕藩防衛は形骸化し、こんな防衛概念に基づく有人兵器
配備は、納税者への重大な背信なのだ。
guest
2007/12/18 07:38
無人戦闘攻撃機欲しいな〜

でもそれを開発できる技術が揃える前に中共韓国(あの国、DMZで隣り合わせしている独裁国家より日本のほうを仮想敵国(略))の空軍戦力に対抗できる有人機が必要だな。
オブジェクト
2007/12/20 04:32
オブジェクト先生へ。 すでに、趣味側で自律+遠隔手動操縦型UAV(各種無人機)を試作できる飛行制御概念と飛行制御デバイスはあります。 しかし、メデイア側なり、防衛族、平成大本営の利権が損なわれる懸念で、この遠隔越境技術を無視し続けることが問題だと思いますよ! 平成大本営は有人兵器至上主義を
脱却できず、アキバの電脳児が趣味で開発してしまった無人機飛行技術(世界共有知)が嫌いな様に見える。 ココ→http://cliplife.jp/clip/?content_id=ykmn1afz
guest
2007/12/20 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
【問題の本質】FX(次期戦闘機)の議論に欠けているもの 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる