清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS そんなにエライかミシュランのガイドブック

<<   作成日時 : 2007/11/21 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ミシュラン東京版に賛否両論=「基準が不可解」の評も−英各紙
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007112001083

 日本ではミシュランのガイドブックというとグルメのためのガイドみたいな印象が定着していますが、本来タイヤ屋がクルマで旅をする人向けのガイドブックです。

 この赤いガイドブックを抱えてフランスに行って料理を食い散らかしてきた自称美食評論家(この人はニースのレストランで冷凍ウズラを食べて、こんな旨いウズラは喰ったことがないと、涙を溢さんばかりに感動してシェフに話しかけてきたそうです)なんぞが、本のタイトルに使ったりしていますからねえ。
 俗物は困ったものです。
 
 ですから、地図(当然ながら公共機関で旅する人間には使いづらいです)、宿、飯屋などが載っているわけです。実はこの宿が高いと頃やら安いところまで紹介されていて、結構便利です。ハズレもあまりないないようです。ぼくのパリの定宿はミシュランで見つけました。
 今回の東京版も宿屋情報がしっかりしていると宜しいのですが。

 初めて行く場所で宿を見つける時には参考にしています。地球の●●方などよりは余程当てになります。
 あたしゃ、その昔この地球の●●方の「ハンガリー行きの列車の中でビザがとれると」という情報を信じていたためにチェコと、ハンガリーの国境を越えられず手前で降ろされ、タクシーを使って国営旅行社を捜してビザをとり、歩いて国境を越える羽目になりました。今に至るまで歩いて国境を越えたのはこのときぐらいです。あとでウィーンで会った同胞も同様に目にあったそうです。

 ミシュランですが、まあ、レストランにしても水準はクリアしているとしても、自分の口には合わないこともあるでしょう。実際星付きのレストランでそういう経験もありました(ぼくはグルメではありませんが、たまに弟に付き合わされて行ったことがあるくらいですが)。
 二つ星より一つ星の方が美味しかったり。それは個人の嗜好ですから。日本人はこの手のガイドブックを「教科書」にしてしまいますが、参考書程度に考えた方が無難です。

 日本版はまだ読んでいないのあれこれは書きませんが、飯屋に関しては星付店のみを載せているそうです。他のミシュランのガイドブックは星がついていないレストランも多数掲載されていますが、日本版では星なしの飯屋は紹介されてません。パリ編などで紹介されている星なしのところもハズレがありません。

 邪推するに日本人は権威に弱いから星付きだけ載せておけば宜しい、星の無しのレストランまで掲載すると取材費や編集費も余分にかかるので馬鹿らしい、からではないでしょうか。またミシュランが星を付けた飯屋に群がるバカが大勢出るのでしょう。その店の常連こそいい迷惑です。
 ですから敢えてミシュランに掲載されることを拒否する店もあります。東京でも何軒かあったそうです。

 まあ、かつてのHANAKOブームのとき、この雑誌に掲載されると雑誌を握りしめたOLやオバサンが連日詰めかけてきました。
 ところがこの手の民度が低い洗練の度合いが低い淑女の方々はご自分でメニューを選ぶ脳みそがなくやや主体性に欠けるきらいがあり、雑誌に掲載されたメニューしか注文しません。店が他のメニューを勧めても見向きもしません。
 ですからそのメニューしか売れなくなる。しかもマナーも悪かったりするし、予約も取れなくなるので常連が離れていきます。そうしてつぶれた店も少なくないそうです。

 今回、こういう視点からの報道が見受けられない気がしますが。

 
   
画像

               ミシュランガイド東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
あのミシュランだとは思っても見なかったですw
アフリカ旅行したときにはミシュランの地図が一番出来が良く重宝しました。
ガイドブックはロンプラでしたが、情報が古く、ジンバブエなどでは記載の宿がほとんどありませんでした。まぁ、そのぶん鼻が鍛えられましたがw
仰るとおり、ガイドブックは頼るものではなく、参考ですね。
unimaro
2007/11/21 03:27
今回のミシュラン東京2008については、星の数が全部で191個も出てしまったので(3つ星×8、2つ星×25、1つ星×117)星無しのチェック店を掲載する物理的なページ数が無かった、と聞きました。もっともそのおかげで、赤丸チェックの今後が期待される面白い店舗が多数漏れる結果になってしまったようです。個人的にも丸の内より東側での掲載がわずか数店舗なのが残念でしたね。星無しレベルなら結構掲載してもいけそうなお店が多数あるんですけど・・・

噂話としては、今回の発行を一番不愉快に感じていたのは何より京都、大阪のお店の方達だそうで。まあ、来年以降関西圏というタイトルでミシュラン出したらそれはそれで一悶着ありそうです(w
北極28号
2007/11/21 06:35
報道の中には、星の数で格下げされた店のシェフが自殺したとかのエピソードも紹介されていたかと思います。これに極度に依存している人は日本に限らずいるようです。
私としては、ラーメン屋が選ばれていれば購入してみようかな等と思ってましたが、ハズレでしたね。だいたい、一食に万単位の出費を要求されること自体、日常向けではない(接待向け?)ので、立ち読みくらいの価値しかないです、私にとっては。まあ、その店での飲食のためだけに海外旅行する価値があるとまで言い切るガイドブックとしては、価格は不問なんでしょうが。
とーりすがり
2007/11/22 01:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
そんなにエライかミシュランのガイドブック 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる