清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS インド、対中国軍事抑止力強化のため空軍基地を整備…新鋭機スホイ30の配備進める

<<   作成日時 : 2007/10/01 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070930STXKA013030092007.html

 双方ともフランカー・ファミリーが主力ですからねえ。双方とも稼働率の低さと事故の多さも共通しておりますが…・

 その当たりの事情を考慮すれば中国の軍拡を過大に評価して世論を煽るのは如何なものかと思います。無論それは過小評価すべきという意味ではありません。

 ただここ数年世界でも最も事故が多いといわれたインド空軍の事故が激減しているそうです。稼働率も上がっているそうです。これは同じ機数ならば数年間より、何割か機数が増えたのと同じことになります。機数だけでは戦力をはかれないということです。
 

 それからインドのフランカーの可変ノズルの制御ソフトはインド製だそうです。ロシアのオリジナルに比べて優れているというのですが、これは評価が分かれるところではないでしょうか。

 某島国の空軍が米軍の機体を借りて、インド空軍のMig―29などと(北朝鮮の保有機)と模擬戦闘やったなどという噂も聞こえてきます。

 仮に中印が武力衝突した場合、双方の主要兵器供給国であるロシアはどのような態度をとるでしょうか。恐らくインドに有利な態度をとるでしょう。
 何しろ中国は国境を接している仮想敵です。故にインドには超音速対艦ミサイルを売っても中国には売りません。

 が、中国も「お得意様」ではあるので露骨にインドの方をもって中国向けのスペア供給を止めるなどということはないでしょう。本音のところ、双方ができるだけ兵器を消費して欲しいとは願っているでしょう。

 赤勝て、白勝てってやつでしょうか。まるで借りて貸し手の両方からコミッションをとる不動産屋みたいなものです。弁護士だったら双方代理は違法行為ですが。

 インドと中国の軍拡が進む分だけ、我が国に対する中国の圧迫が減るわけで、その分インドには頑張って欲しい反面、人様からODAなる施しを受けて(これは中国も同じですが)アブナイ玩具を大人買いするのはどうかとも思います。やるんなら人様の財布を当てにしないでやって欲しいものです。


画像

            
                   軍事を知らずして平和を語るな
軍事を知らずして平和を語るな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
インドはなかなか賢いですから。
中国と対立して欲しいなと思いますが、なかなか。
ネパール、どうしてほっぽらかしているのでしょうか、インドは。このままだと中国属国になってしまいます。何か裏があるのでしょうか?
unimaro
2007/10/01 01:38
日本とインドは安倍前総理の目指していた日米印豪同盟構想以来、急速に連携を強化していますね。日本の援助で次世代高速貨物鉄道も建設されますし。
インドは日本とだけでなく米国とも関係を強化しており、米国製のF/A-18Eが次期FXの最有力候補になっていますし、特殊作戦用のMC-130導入決定と次期輸送機としてC-130Jの大量導入が計画されています。
インドのシン政権が西側諸国との大幅な連携強化により、軍拡中国の脅威に対抗していこうとしている事が伺えます。
石友
2007/10/01 05:38
インドと中国が正面戦闘と言う事態が発生し辛そうですが...最近はパキスタンも核武装していますしねぇ。カシミールかアフガニスタンあたりで衝突ですねか。いずれにせよ、ロシアは大儲けの機会と云うことで、状況を長引かせようとするのでしょうか。
foo
2007/10/02 16:40
中国→パキスタンへの核支援→パキスタン→北朝鮮への核支援→イラン・シリアへの核支援。
なんだか、中国発でどんどん核が拡散しているような・・・
シロ
2007/10/04 12:38
>故にインドには超音速対艦ミサイルを売っても中国には売りません。

中国がロシアから購入したソヴレメンヌイ級駆逐艦4隻(136「杭州」、137「福州 」、138「泰州」、139「寧波」)
に搭載されている「モスキート」(SS-N-22)は「超音速対艦ミサイル」ですが(失笑)
シア・クァンファ(夏光華)
2007/10/04 21:00
>SS-N-22
ああ、そんなのがありましたね。ヤホントのことを考えていましたので失念してました。ロシアはヤホントは中国に売らないでしょうね。
キヨタニ
2007/10/04 23:19
ひも付きODA批判」が盛んを海外でやると、日本の会社がみんなもっていってしまう、ということが言われた。
日本企業が独占的に受注するタイドODAは、援助になっていない「喜ばれない援助」とも言われた。
かける
2011/01/22 09:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド、対中国軍事抑止力強化のため空軍基地を整備…新鋭機スホイ30の配備進める 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる