清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の若者は…・

<<   作成日時 : 2007/09/05 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

 最近の若い者はと、言い出すと歳をとった証拠といわれます。

 30代の頃、そういうことをいったら、今は陸自の中将(将)になっている知人から「キヨタニ君も若い者の悪口をいう歳になったかぁ」といわれました。まあ、確かに気がつけば社会の中堅の仲間入りをしていました。

 今やそのキヨタニ君も40代半ばです。

 もっともぼくは中学生の頃から言っていました。小学生のころから月刊文藝春秋とか読むようなませたガキでしたから。

 最近気になるのは、電話での応対です。大手の出版社でも若い衆が自分の上司を指して敬語を使うわけです。「●●編集長は外出されています」とか。
 
 これが非常に多いわけです。しかも様子を聞いているとバイト君ではないようです。これが一昔ならバイト君がそういう言葉遣いをすれば周囲の編集者が諫めたものです。これは出版社に限りません。

 無論言葉は、生き物ですから、常に変化します。おかしな言い回しがいつのまにか定着して「正しい日本語」に出世する場合もあります。特に日本語の場合その傾向が顕著です。

 ですが、一応の社会常識を知らなければ損をするのは本人です。その人間を雇っている会社や組織も損をするのはいうまでもありません。
 
 テーブルマナーでもそうですが、知っていて崩すのと知らないでデタラメをやるのは見る人が見ればわかります。仕事がそれほど出来なくとも、こういうところがキチンとしているとある程度は評価をされるものです。

 ぼくは国内外を問わず口の悪いことでは人後に落ちない自負があります。よくもまそいうえげつない悪口や皮肉屁理屈が次々に出てくるものだと呆れられることもあります。
 が、それはある程度常識とわきまえ、一応のマナーと教養を身につけているからでてくるわけです。
 相手の肺腑を抉るような底意地の悪い悪口や減らず口は、実は常識がないと出てきません。単なる粗暴な人物は語彙も少なく、レトリックも稚拙ですから、単にこのヤローバカヤローで終わりです。するだけです。これで単なる低脳と思われます。
 場合によっては警察を呼ばれて逮捕されたりします。

 筒井康隆氏もいっておりますが、非常識な小説は常識がないと書けないと。

 ですから、若い内は出来るだけ年長者とつきあいを増やし、そういう常識を吸収すべきです(それが出来ない年長者もおりますが…)。
 逆に30代後半以降は若い者とつきあいを増やすべきです。自分より歳上とばかりつきあっていると頭が固くなります。

 まあオトナは子供のなれの果てともいいますから、中身はたいして変わらないのです。せめて外面ぐらいは整えましょう。
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>(それが出来ない年長者もおりますが…)。

こんばんは。
↑ばっかりだから仕方ないですねw
子供と大人の混じったアンバランスな年寄りばかりですから。だから大人とはとても呼べないw
その点、まだ若い人はいいですね。頭がやわらかい、柔軟性がある。だから今はとんでもなくても、変身する。できる。
でも年取った人間の変身はまず望めない。
私はもうおっさんもいいとこですが、自分を含めて、もう駄目駄目かな?
今の若い人は2極化していますが、いいほうは私らより余程しっかりしています。彼らが居るから将来をあまり悲観していません(たぶんw)。
だから、
清谷さんの言うとおり、
「しっかり勉強」して欲しいと思います。
unimaro
2007/09/05 01:44
>最近の若者は…

 汗水たらして働いている人たちが報われる社会にしなければならないという検察官がいましたが、年金の横領や老組とのわけのわからない取り決め、消えた年金などの問題をなどが次々に発覚していますがこういうニュースが飛び交うと、お前らにいわれたかねーよといつも思います。

 少子高齢化で現場の最前線で働いている若者が高齢者を負担する強度が強くなり、気がついた時には若者は先人の失敗にしりぬぐいする状況になってがんじがらめになっているのではないかと思います。

 彼らは先がないから、今自分に目先に有利な政策を掲げてくれる政治家に投票すればいいという、旧来の与えられたマス情報であるテレビや新聞などの媒体をうのみにするネットを知らない人たちが多数派ですから。
ソクラテス
2007/09/05 13:08
もちろん彼らだって言い分はあるでしょう。学生運動の時は体をはって権力者と戦ったんだとか、高度経済成長や日本経済を体をはってここまで成長させてきた。しかしバブル崩壊をさせたのも彼らですし、そのおとしまえを彼らはなんの責任も取らずに悠々と権力の座についてます。

 全部とはいわないですが、そのおとしまえをつけて、未来を考える政治家や官僚がたくさん増えてくればいいわけですが、実際のとこどうなんでしょうか。
最初はいきようようと乗り込んでも理想と現実のギャップにより、気がつけば閉塞感のなかどうすることもできない中で泥沼の状況になっているという状況なのではないでしょうか。
ソクラテス
2007/09/05 13:10
むしろ最近の年寄りは…
電車乗るマナーもなってないし、
そもそも列に並ばないで割り込みはする、
3人もいれば道をふさいでよけもしない。

これで若いのにどんな見本を見せているつもりかと。
ななし
2007/09/06 00:21
>>ななし氏
そういう輩が兜町や霞ヶ関にもゴロゴロいます
常識が無い
思いっきり咳払いして後ろから早足で追い越しますw
じおんぐ
2007/09/06 18:53
>そういう輩が兜町や霞ヶ関にもゴロゴロいます

タイにもいっぱいいますよー。
潰して豚のえさにしたいくらいだw

日本の人口が5千万くらいに戻ればもう少しまともになる環境もできるのになー。
鎖国して。
「日本文化を愛する」「外国にかぶれる」
どっちのグループにまともなのの比率が高いか?
unimaro
2007/09/09 14:34
藤子不二夫の漫画に宇宙人が、地球を侵略するしないで論争する話があります。
その中で、宇宙人が「老人は自分たちがかつて若者であったことを忘れている。若者は、自分たちもいつかは老人になることを忘れている」という台詞があります。老人の嘆きは古代からあり、老人への絶望から若者が社会の変革を促した地球人の歴史に対する宇宙人のコメントです。宇宙人でなくても、「本当はどうなのだ?」聞きたくなりますね。
シロ
2007/09/19 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の若者は…・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる