清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ビーチバレー「盗撮」事件は冤罪である。

<<   作成日時 : 2007/05/06 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 6

 さて、前にも書きましたが、ビーチバレーが浅尾美和に配慮してか、主催者側が会場内の撮影を禁止しました。
 
 ところが4日、ビーチバレー会場外150メートルほどからから望遠をレンズで「盗撮」している人物が警察に連行されたという「事件」が起こりました。

 これのどこが事件かというと、「盗撮」ではなく、警察が無罪の人間に盗撮の汚名を着せ、メディアが犯罪のごとく報道していることです。

 ホテルの室内やマンションで女性の着替えとか公園で性行為などを撮影するのは確かに「盗撮」でしょう。またいくら公の場所といえど、
 ですが屋外のビーチで「普通の水着」を着ていた「健全なスポーツ」を撮影することは盗撮じゃないでしょう。

 協会は男子の劣情を催すような撮影を許さないというでしょう。先週号の週刊フライデーにもビーチバレーの写真が掲載さていますが、あたしが見るに男子の劣情を刺激するような写真に見えました。
 ハッキリいえばカメラ小僧と写真週刊誌のカメラマンの違いって商業誌に載るかどうかの違いしかでしないわけです。

 主催者が「劣情」写真がいかんというのであれば、プロのカメラマンの撮影内容も「検閲」すべきでしょう。ですが、それは営業上差し障りがありできないのでしょう。これは二重基準です。
 
 ハッキリ言ってビキニのねーちゃんが、跳んだりはねたりしてするような劣情を催すような「スポーツ」だから圧倒的に男性客が多いわけです。
 男子のビーチバレーの人気の無さがそれを証明しているわけです。
 
 それに撮影を禁止にするのであれば男子の試合の撮影も禁止すべきでしょう。女子の試合を男性が撮影するよりも、男子の試合を男性が撮影するも劣情に流されての所行でしょから。

 主催者側は会場内を統制する権利はあるでしょう。ですが会場外のことまで取り締まる権利はないはずです。それがいやなら外から丸見えのビーチでの試合を止めりゃいい、室内に砂をしきつめてやりゃいいわけです。
 ちゃあんとストリップ劇場と同じシステムでやればいい。

 そもそも写真にとられちゃまずいような卑猥な催しを、お天道様の下でやっちゃまずいでしょうが。警察が「盗撮」を取り締まるならば、野外で堂々と猥褻な見せ物をやっている方もとりしまるべきです。

 「警察に連行」とありますが、これを書いた記者はアホですなあ。どんな罪状で引っ張るんですか。せいぜい任意同行ですよ。無論「盗撮」ではありません。撮影が可能なオープンエアで「興業」しているほうが悪い。ストリップを野外で興業するようなもです。

 今回「民事不介入」の原則を警察は逸脱しております。

 これに警察が介入するならばTV局や雑誌が浅草のカーニバルで踊り子さんを撮影することも、銀座や渋谷の雑踏を撮影、放映することも警察とめなきゃいけないことになります。
 この件で犯人扱いされた方はメディアを相手に訴訟を起こせばまず勝てるでしょう。

 
 更にこの論理を援用すれば政治家や芸能人らが本人が嫌だと言えば、カメラによる取材が全く規制されます。
 警察は元々遵法意識が低い組織ですから、既成事実の積み重ねでなし崩し的にそういうことをやりかねません。
 
 そうなればTVのニュース、ワイドショー、週刊誌のグラビアなんぞ全滅です。

 この記事を書いた記者もデスクもそういう想像ができない人物だったようです。ハッキリいえば報道関係者失格です。まあ、俺達「業界人」とパンピーは違うよ、と考えているのかもしれませんが認識が甘いとしか言いようがありません。

 また、家の外以外でカメラを携行すると警察官から職質される日が来るやも知れません。何しろ軽犯罪法で「おたく狩り」やるような実績があるじゃないですか。

 「弱者のための喧嘩術」に書いておりますが、ぼくは支払いで揉めた某出版社の社長宅を訪問した際に応対に出てきた社長夫人を撮影しました。相手は100番通報をしたので警官がきました。警官は撮影したフィルムを寄越せと主張しましたが、ぼくは堂々と論破して渡しませんでした。
 相手は後日の裁判で、ぼくが敷地内に入り込んで、警官につまみ出されたなどと、いけしゃあしゃと嘘の主張する手合いでした。
 無論ぼくがそんなヘタを踏むわけはないし、不法侵入していればその場で逮捕されています。(裁判の担当裁判官、現在はさいたま地方裁判所川越支部勤務の遠藤浩太郎判事は真に受けたようですが)。

 今回はデジカメのようですが、撮影したメディアの内容を「検閲」させる必要はないし、まして消す必要はないわけです。
 撮影した映像の著作権はその人物に帰属しますし、プロアマを問わず著作権で保護されています(遠藤浩太郎判事は異なる意見、即ちプロ以外に著作権の保護されないと主張しておりますが)。


 撮影した男性は警察官に気押されて、同行したり画像を破棄したしたのでしょうが。任意ですか、強制ですか。強制であるならば根拠となる然るべき法令を教えてください、と迫るべきでした。
 そして相手の警官のIDナンバーをメモし、録音可能なデジカメや携帯があれば、会話を録音する。 警官にいきなりカメラ(最近のポケットカメラは動画や音声がとれますから)を向けると、逆ギレしてインネンを付けられますから気をつけましょう。相手に後で裁判の証拠にするからカメラに向かって法的根拠を述べてください、と要請するという手もあります。




 こういうことを放置することは将来大きな禍根を残すことになると思います。



スポーツニッポン 2007年5月5日
ビーチバレー:浅尾ショック!盗撮男“御用”
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20070505spn00m050013000c.html


浅尾を守れ!一般撮影禁止 。なんか、ストリップ劇場と同じような気がするんですが
http://kiyotani.at.webry.info/200704/article_20.html

弱者のための喧嘩術
弱者のための喧嘩術 (幻冬舎アウトロー文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヤクザ体質
(どこで拾ったかは忘却の彼方) ...続きを見る
クダラナイヒビノザレゴト
2007/05/07 17:58
担ぎ上げたのはマスゴミ
 同じように感じてはいるが、清谷氏のように伝わるように書けないのでリンクする。 【純真なる高校球児?】高校野球特待生問題、朝日毎日に責任はないのか。 魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室/ウェブリブログ  さて、ここで問題としたいのは、春夏の甲子園大会を金儲けのタネにしている毎日新聞と朝日新聞です。主催者であり、高い取材力を誇る日本を代表する全国紙が特待生問題を把握していなかったとは考えれません。把握していなかったとすれば報道機関失格でしょう。    不思議なことにメディアで両社の責任を問う声はあ... ...続きを見る
GEEK
2007/05/08 13:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
日本のスポーツ界やマスゴミのジイどもはバカですね。
浅尾さんにしろ、卓球の四元さんにしろマイナースポーツをメジャーにするため、もちろん自分の人気もありますが、体を張って努力しているのではないですか。
だいたい彼女たちがスポーツに打ち込めるほどの金を与えてはいないでしょう。
これでビーチバレー人気がなくなったら誰が責任取るんですかね。
カルロス
2007/05/06 23:44
 一般に、ああいうコスチュームの仕事って、好きでないと着ないものですよね。レースクィーンとかキャンギャルは、体見せびらかすことが仕事で、それが好きな女がやっているんだし。ビーチバレーは、ビキニ紛いのコスチュームでなければできない競技でもないことだし。
 ということで、美和ちゃんの側の願望を無視しちゃいけない。
土門見人
2007/05/07 00:13
マスコミは利権を侵されたくないんでしょう。編集して独占的な村の中で浅尾のみ流してて、ビーチバレーというスポーツを流しているわけではありません。
ソクラテス
2007/05/07 06:04
スポーツってなんなんでしょうね。
キヨタニ
2007/05/08 23:13
テレビ番組でレポーターやコメンテーターが批判していましたが、結局週刊誌等でイヤらしい記事と一緒に載ってる訳です。
正義面しているのに、同じメディアが反対では写真を買い取ったりして掲載している。
矛盾してますよね。
メディアってなんだろう?
かぱ
2007/05/10 17:40
テレビでレポーターが批判してたけど、撮影した画像って結局メディアの一種の週刊誌でイヤらしい記事と一緒に載る訳で・・・。
メディアって正義面しなくていいから、真実を確実に伝えるべきでは?
そうでないと言論の自由に規制がかかっても国民はメディアの味方はしませんよ。最近のメディアの不祥事で気づいてますからね。
かぱ
2007/05/10 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビーチバレー「盗撮」事件は冤罪である。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる