清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アイリッシュパブで日本の飲食業の将来を憂う

<<   作成日時 : 2007/05/03 21:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

 先日、昼に新宿の三越裏のアイリッシュパブで昼食をとりました。そのときの接客がトンデモだったのでネタにしてみました。

 席に座ると、まずウェートレスが注文をとりに来ました。

 ぼくはランチのサンドウィッチとシャンディー、連れはサンドウィッチとセットの紅茶を頼みました。シャンディーとはビールとレモネードでつくるカクテルです。フランス語ではパナッシェといいます。
 あたしゃ、アルコールが弱いので昼間のパブではよくこれを頼みます。で、いつも通り、シャンディーはハーフ・パイントで、置いていません。キルケニーならありますが」

と言います。
 ???です。ビターはビールの種類で、キルケニーはビターの銘柄です。
 日本やドイツでポピュラーなラガーとは異なり、英国などで好かれるビター(またはエール)とよばれるものがあります。違いは前者がたるの下部で発酵が進み、後者はたるの上部で発酵が進むことだそうです。まあ、その他ギネスの黒ビールに代表されるスタウトなどもあります。

 因みに英国やアイルランドなどでは生ビールは大抵ワンパイントかハープパイントのグラスでだされます。

 問題は彼女のみならず、厨房の人間までビターを銘柄だと勘違いしたことです。これはボーイング747を指して、ジェット機といったら、「それは違います。これはジェット機ではなく、ジャンボです」というようなものです。
 まあ、バイトのウェートレス嬢にややこしい話をしてもしょうがないと思いつつ、ビターとラガーの違いを簡単に説明しました。
 これで済めば一件落着だったのですが。

 で、その後彼女は紅茶とワンパイントのシャンディーをもってきました。この店はキャッシュ・オン・デリバリーです。料金は1050円と一旦言い、その後950円と訂正しました。
 ぼくはハーフパイントと注文したのですが、まあこの子に言ってもしょうがないか、喉も渇いているしと、注文したのはハーフだ、替えてくれとか敢えてクレームを付けませんでした。

 ですが、グラスをよく見ると上部にはビール、下部にはレモネードと二分されていました。英国にしろアイルランドにしろ、南アフリカにしろ、インドにしろ、はたまたフランスにしろ、こんなものみたことをがありません。普通は両者が混じって外見はビールのように見えるものです。バーテンダーは余程器用な男なのでしょう。

 そこでウェートレス嬢を呼んで、聞いてみると彼女はまたまた厨房にいき、戻ってくると
「ウチではこれが普通です」
と、報告しました。

 その後、サンドウィッチが運ばれてきました。そのときに1500円を要求されました。ひとつ650円のサンドウィッチが二つで何で?と思ったので、彼女にききました。
 すると片方にはドリンク代の200円が追加されているといいます。ぼくは先ほど払った950円に飲み物代が含まれていると思っていました。何故ならその店のビールが1パイント950円だったからです。シャンディーがビールと同じ値段というのは普通ありえません。

 そこで、メニューをみて確かめると、シャンディーの1パイントは850円でした。で、キルケニーの1パイントは950円。彼女はビールと値段を間違えたようです。これが煩雑時ならまあ、わかるのですが、店内はガラガラでした。

 伝票は電子式だから値段を間違えないと思うのですが、恐らくビールで処理してしまったのでしょう。
 昼ご飯を食べるだけなのに、何とも疲労困憊してしまいました。こんなことならファーストフードでハンバーガーでも囓ってりゃよかったと後悔しました。

  確かに英国風やらアイリッシュ風のパブは日本の居酒屋などとはシステムや飲み物が違います。新人のバイトさんには覚えにくいのでしょう。

 ですが、このパブではウェートレスだけではなく、店の責任者までバイトだったのではないでしょうか。いやしくもアイリッシュパブの看板を掲げてビターとラガーの区別もつなかい、あまつさえバイトの教育もできない店長というのは問題でしょう。

 日本酒の専門も店で、清酒と焼酎の違いが分からないマスターがいるでしょうか。自分の店の商品の構成ぐらいは抑えておくのがプロでしょう。

  これが麒麟ビアシティとか日本式のビアホールだっら、何もあたしもこういうことをわざわざブログに書きません。

 夕方からの「書き入れ時シフト」はまともな「店長」が来るのでしょうか。でも、確か以前もこの店で夜にも同じような経験をした記憶があります。
 ここは外国人の客も多いのですが、トラブルは無いのでしょうか。他人事ながら心配になります。
 
 日本の飲食店は経費削減のためにバイトばかりを増やしています。店長も激務なので長く続かない人も多いという話も聞きます。
 飲食業界はデフレで大変なのは分かるのですが、このようなサービスの低下が進行すると利益を圧迫していくのではないでしょうか。

 やはりサービス業こそ正社員をもっと雇用すべきでしょう。客のわがままというのは自覚していますし、商売も大変なのは分かりますが。

ダブリナーズ新宿店
http://r.gnavi.co.jp/g209300/

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
外食の店長は信じ難い劣悪な勤務環境で激務です。
もうそろそろ使い捨ての発想を止めて
社員を育てる気風を作らなければ駄目でしょうね。
落武者
2007/05/04 00:37
ビアシティでハーフ&ハーフ頼んでも
ここまで見事に真っ二つ担ってるのは出ないと思いますな。
そもそも、アイリッシュを謳っていて
ギネスとキルケニーだけ、コロナやエビスがあるし、
メニューのスピリッツのとこに
ウイスキーが書いてあるんだから、
どれほど適当な店かわかるってもんで。

その店を選んだほうが悪いって所でしょう。
名無し
2007/05/04 03:05
外食産業に限らず、日本には接客のプロというものが存在しません。経験やノウハウを積み、すばらしい接客ができるようになるとマネージメント業務を担当させられてしまい、せっかくの接客スキルを活かせなくさせられてしまいます。

あと、概して日本の接客業は、顧客への丁寧な応対はしっかりと叩き込まれるのに、商品知識については穏当におざなりになっていますよね。
ドラゴン山崎
2007/05/04 03:46
そういう、おちゃらけさも含めて、この店を愛用しております。だって、いつも客が避けて通るから空いてて酸欠には陥らずに済むんですもの。注文や清算が不適切というのも、「空いてて」よかったというのとtrade offで私は納得しております。透いているけどつぶれない店というのは、新宿には貴重ですよ。
バイトの店員が判らないので、キャッシュオンデリバリーになったり、戻ったりをくりかえします。
6月の(いまは4月か)研修医や看護婦といっしょで、3月に学生アルバイトが抜けて、欧州を知らないお登りさんバイトに本場を教えるのも、大人のたしなみと達観しております。
pongchang
2007/05/04 08:56
写真見ました。
一言、スゲーなバーテン、て感じです。
カクテルではしばしセパレートタイプのカクテルがありますが、大抵は色合いを楽しむ為か、一口で口の中に入れて口の中でカクテルが出来る過程を楽しむか、
2種類に分類されます。
で写真のケースなんですが・・・
一口じゃ入らないし、見た目もショボイし何かたちの悪い冗談のようですね。
北極28号
2007/05/04 13:45
ひや酒頼んだら、ギンギンに冷えた冷酒が出てくる居酒屋がよくあります。

最近は、日本語すら通じない酒場が多いので、アイリッシュパブなどともなると
それはきっと奇怪なところであってもしょうがない気もします。
お店は選ばないといけませんね。
ぽてとぱい
2007/05/05 22:36
 ところで、ビールとレモネードのカクテルって、どんな味なんざんしょ?門外漢には、ちと興味がありますが、不気味でもあります。
土門見人
2007/05/06 15:22
>レモネード
本当のレモネードではなく、実際は炭酸のサイダーみたいなもんです。昔は本物のレモネードで割っていたのでしょうが。最近は缶入りもよく見かけます。

 まあ、夕食時に頼むものではないでしょう。サイダーといえば英国でサイダーというのはリンゴの発泡酒、仏語でいうシードルのことです。これが結構アルコール度が高くて昔へべれけになったことがあります。
 あと悪友とアイルランドに行ったとき
、夕食後せっかくだからとアイリッシュコーヒーを頼んだら、日本で飲むのより何倍もウイスキーの分量が多くて、二人とも腰が抜けそうになりながらホテルまで戻りました。甘お酒には注意が必要です。

 現在外食産業はデフレ圧力がとまらないようですが、この傾向を是として安かろう路線に走ると将来が非常に暗いようなきがします。

キヨタニ
2007/05/06 20:37
私もバイトを多用している職場の人間でして・・・GWは地獄でした。60時間(仮眠4時間)連続勤務。バイトはみんな遊びにいっちゃって。
「あれ、所長?なんで電話?あ、言いませんでしたっけ、今日から4日、サイパン行くんですよ」
もうぶちきれですよ。
職活で3月から学生は来なくなっちゃうし。本部から「優秀なやつはうちに引っ張れ」なんて言われるけど、おれのこの状況見て正社員になりたがるやつなんていないよ!
Tammy
2007/05/08 10:37
新書館のあなたのまちの生きているか死んでいるお店探しますに出てくるトンデモ飲食店に出る資格ありですな
お茶漬けと鮭
2007/05/08 10:57
塾なんかもバイト頼みのところが多いようですね。でもバイトの方がしっかりしているという逆転現象のある職場もあるようで・・・お金を稼ぐとは大変ですねお互い。
キヨタニ
2007/05/08 23:34
昔バーテンをやってたときは厳しく躾けられました。脚から見ればバイトだろうがなんだろうが関係ありませんから。だからこそ「プロ」になろうと精進しました。他のバイトも皆です。
勤めたときは、工場のパートのおばちゃんたちに仕込まれました。彼女たちも「プロ」だったのです。「パートだから」なんて甘えは、おばちゃんたちの社では許されませんでした。
バーでも工場でも、家族、だったんですよね。だから大事に仕込んだ。よいプロになるよう、厳しかったし。
人間は機械じゃありません。使い捨てにするのならすべて機械化すればいい。
unimaro
2007/07/30 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイリッシュパブで日本の飲食業の将来を憂う 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる