清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 西武ラインオンズ「栄養費」問題、あたしゃ何が悪いのかよくからんですが。

<<   作成日時 : 2007/03/12 00:19   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

 ぼくは野球というものにほぼ全く興味がありません。

 で、このたび西武ライオンズが栄養費名目で2人のアマチュア選手に現金を渡した問題のどこが悪いのか理解できません。

 所謂高校野球の名門校は、全国から有望な中学生をスカウトして野球部に入れていますよね。
 このような「傭兵」的にその学校にはいってきた生徒はぼくにはプロとしか思えません。カネで生徒と契約結んでいるようなものです。
 純真な高校球児というのはイリュージョンで、高校野球がカネと欲得が渦巻いているというのは既によく知られていることだと思います。

 甲子園に出ようとか思うのであれば、あれこれカネもかかるでしょう。グラウンドやら合宿所やらの設備を整備したり、チームで遠征をおこなったりなどです。
 世には高校野球名門を生徒集めの看板にしている学校が多数存在します。野球が強い以外取り柄がない高校。あたしゃ高校と言うところは勉強するところで、野球やったりその応援を第一義にするところではない、そう思っております。

 この手の学校は、まるでプロイセンかイスラエル並の兵営学校です。
 つまり高校が野球部をもっているのではない。野球部が高校を持っているという構図です。
 
 こういう学校ではすべてが野球部中心にまわっております。例えばブラスバンド部は野球の応援団ぐらいとしか認識されていません。純粋に音楽やりたい人間ならば野球部の下請けみたいな部に、入部を躊躇するのではないでしょうか。
 野球に興味がない生徒は、野球のために犠牲となっておるといえるでしょう。それが幸せという「野球信者」もいるんでしょうが、それはそれで問題だと思います。

 あたしゃ、こんなたがが野球に大金かけることが高校生、特に野球部の教育にどれほど役に立つかといううと非常に疑問に思っています。
 そんなカネがあるならば、教師に授業の技術を上げるための研修を行ったり、図書館の蔵書を増やすとか、奨学金を充実させるとか。

 「食料費」が駄目というのであれば、「高校野球のプロ化」を何とかする方が先だと思うのですが。現在の高校野球の現状に目をつぶって一部の不透明な取引だけ取り上げるのは問題の根本的な解決にはつながらないと思います。

 それができないのであれば、高校で部活は禁止。欧州みたいに、学校の外に地域でクラブをつくってそこで運動部活動を行う方が健全じゃあありませんかね。


http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20070310i412.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
キヨタニさん、まずこの手の学校には野球を第一義とする生徒しか入らないと思います。
学校側も学校見学やパンフレット、学校説明会などで学校の性格を受験生に伝えてあるはずです。
中学・高校受験で自分が受験する学校の校風も知らないで受験する人はいないと思います。
石友
2007/03/12 02:42
>カネで生徒と契約結んでいる
「よう」なのではなくてそのままですね。
高校野球のプロを養成する高校です。
高校野球をやるためだけの高校なのです。
公立ではありえないですが、
私立なら多様性という意味でありなのではないでしょうか。

今の日本では、勉強するだけが高校ではないですから。
ななし
2007/03/12 03:22
こんにちは。
高校野球が「純真」だとか、「高校生らしく」、「郷土の代表」などというからややこしくなるわけで…。まぐれで甲子園出場した高校は別にして、常連高・名門校はプロ野球の3軍(プロには2軍までなので)と考えれば良いと思います。
ただ、それも多様性の1つといえなくもない。勉強が得意な子は、灘高→東大→キャリア官僚 の道へ、「ボクは勉強は出来ないけど野球では人に負けない」と言う子はPL→巨人 でもいいのかも?
Rover
2007/03/12 10:35
3年間野球部の応援のために自分の人生を使うの人間がいるのでしょうか(一定数はいるでしょうが)。
地理的条件やら偏差値やら、試験の結果でしかたなく入っている人も多いのではないでしょうか。そんなに野球やりたないなら野球部だけの高校を作ればいいのに、とか思うのですが。

キヨタニ
2007/03/12 17:23
個人的には、あまり野球にばかり最適化した生き方をしない方が良いと思いますね。どうせプロになってもそれで食っていけるのはごく一部だし、一線に立てるのも一時でしょう。
現役を退いた野球バカがどれだけ惨めになるかを考えたら、それなりにリスク分散を考えてやらないと残酷ってものですよ。
あと、あまりに幅の無い人間ってのも好きになれないので…(こっちが本音かも)
一読者
2007/03/12 19:47
>地理的条件やら偏差値やら、試験の結果でしかたなく入っている人
キヨタニさん、学校に入学するからにはその事を含めて受験する本人も分かっていると思います。分かってなかったとしたらその生徒の情報収集不足であり自業自得です。
ただ、一読者さんの言う通り野球しか出来ない人が将来困る事も事実ですが。(自分が在籍していた高校の野球部は成績が平均以下だと退部になるシステムだったので皆さん必死に勉強していました。その為、野球部の部員は早慶に行く人が多いです)
石友
2007/03/13 10:21
あたしの高校は新設公立でしたが甲子園命の野球バカ学校でした。野球部の合宿所つくるのに他の学校の予算や文化系部の予算が削られてました。
受験前にそんなことは聞いておりませんでした・・・
キヨタニ
2007/03/17 23:22
瀬谷シニア元監督曰く野球の上手い少年が成長し仮に野球以外何も出来ない大人になった場合かなりの確率でお先真っ暗だそうっす。

JR東日本硬式野球部の場合エレベータ設置等の電気工事やりたくて会社に入ってくる電気工事player/電気工事士は野球やめた後も会社に残っていろんな設置工事やってるそうっす。

一方野球やりたくて会社に入ってきた
一部のbaseball playerは野球やめるとそのままJRも辞めてくそうっす。

清水選手や木村投手は野球以外の技術をひとつかふたつ身につければ今後十分生き抜いていけそうな気がするっす。
デジタル1種工事担任者
2007/03/21 12:25
野球を身を立てようという志や良し、ですが、大人はそれが非常にリスキーであること。経済的には恵まれないということを子供に認知させるべきです。
キヨタニ
2007/03/22 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
西武ラインオンズ「栄養費」問題、あたしゃ何が悪いのかよくからんですが。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる