清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーザーの利便性を無視する日本の携帯電話会社

<<   作成日時 : 2006/12/23 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 日本の携帯電話事業者は「SIMロック」となる仕組みを採用しています。これは自社の通信カードしか使えなくして、顧客を縛り付けるためのものです。

 SIMカードは元来、欧州規格のGSMで採用されたものです。当初はクレジットカード大のサイズでしたが、現在は小型化されています。このSIMカードこそ携帯の本体で、携帯が壊れても別な携帯を買ってその場で差し込めば、使えるわけです。これは外国では非常に便利です。また好きな機種を選べるのも宜しい。

 日本の携帯屋は携帯を安く(あるいはタダで)ばらまいて、通話料を高く設定しているわけです。そのためのツールとして「SIMロック」が必要なわけです。故に外国に比べて通話料が高くなっている。
 
 GSMが世界的に普及した一因はこのSIMカードシステムを採用したことも一因だとぼくは思っております。

「インセンティブが廃止されれば、端末の価格は大幅に上昇する」
との意見があります。
 携帯端末の値段が極めて高くなるそれはユーザーに取って不利益だと。
ですがそれは違うと思います。それが正しいのならば欧州で売られている端末の値段がさほど高くないのは何故でしょうか。タダ同然の機種も販売されています。またさほど所得の高くないアジア諸国で携帯がなぜ普及しているのでしょう。

 日本国内でしか流通しない端末を売りつけているからコストが高いのではないでしょうか。引用したコラムの著者は以下のように主張しています。

「インセンティブがなくなれば、最新機種の販売数が減る。すると、キャリアからの販売奨励金も入らず、売り上げ台数も落ちるショップへの影響は大きい。ショップが減れば、アフターサービスなども受けにくくなる。つまり、不便を強いられるのは我々ユーザーなのだ」

 なんだか業界の代弁のように聞こえます。
 
 このような主張をするのであれば、諸外国の例を挙げて欲しいものです。
 携帯端末ってそんなに頻繁に買い換えないといけないのものでしょうか。あたしゃ何年も同じPHS(外国用はモトローラ)を使い続けていますが不便ありません。
 何か強迫観念にとりつかれているのではないでしょういか。なんだか井の中の蛙大海を知らず、てな感じの主張に聞こえます。個人的にはいい歳の大人が、携帯でTVみたり、音楽聴いたりする必要はないとおもいます。新型機種といっても通話機能に関係ないギミックが増えているだけじゃありませんかね。まるでジェームズ・ボンドの玩具です。

 外国のメーカーがこぞって入ってくれば殿様商売できなくなります。だいたいそんなに頻繁に新製品を開発して次々に古くなった端末を捨てるのは環境に負荷をかけるだけです。
 

 さて中国では携帯の充電のコネクターをUSBに統一するそうです。これは非常に宜しいのではないでしょうか。欧州メーカーは違うコネクターをつかっていますが、メーカーが同じであれば互換性があるものが多いようです。
 
 日本の携帯では機種ごとに充電器が専用となっています(同じシリーズでは共用できる場合もありますが)。大抵据え置き型の充電器ですから、コネクターが同じでも、端末の形状が少しでも違うと共用できません。しかも端末は必ず充電器がついてくる。端末を買い換えるときには充電器も不要となります。これこそ資源の無駄遣いです。また端末の単価を上げている一因でもあるでしょう。

 USBならばPCからでも充電できるのでしょうか?だとすれば便利ですね。

評判悪い携帯「SIMロック」は本当に不要か
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=MMIT0f000021122006

中国:携帯電話充電器コネクタをUSBタイプに統一
http://www.nikkeibp.co.jp/news/china06q4/521134



画像

                    軍事を知らずして平和を語るな


2007年3月23日
コメントスパムのため、コメント受付を停止します。
軍事を知らずして平和を語るな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
電波の変調方式が違うのでSIMロックをはずしても
ドコモ<>auなどとの乗り換えは不可能なんじゃ?
互いに既存の方式にこだわったために現状があるわけで。

インセンティブについては、何十年も前
アメリカ様に指摘された悪しき商習慣の一端に過ぎないような。
当該記事はSIMロックがあるからインセンティブが成り立っているのだとしか読めませんよね。
どっちも不要だという結論しか出ないような。

ついでに中国様が何言おうが、FOMAはすでに統一されてます。電源コネクタ。
提灯記事を真に受けちゃいけませんよ。
名無し
2006/12/24 03:07
確かにGSM携帯は便利ですよね。先週、出張でヨーロッパに行っていましたが、滞在国毎にプリペイド方式のSIMカードを差し替えると、端末はそのままで使えますから。
また、ヨーロッパでも端末の値段は下がっていますが、あれは基本的に「SIMロックなし」なのでしょうかね。
街角で、怪しげな携帯屋さんを見かけますが、日本と同じようにインセンティブで経営しているようにも見受けられましたので。
成田の近くの住人
2006/12/24 09:48
たとえば↓のノキアの最新機種は

http://www.gsmarena.com/nokia_n95-1716.php

日本向けのギミックはついてませんが、発売価格は455$なんだとか。これだけのハイスペックで5万4千円なら、日本の最新機種とあんまし変わらんと思ひます。まあ、日本の携帯も品は悪くないと思ふので、キチンと世界展開して開発費を回収できるようしても問題ないかと。むしろ、このまま日本市場で回収しようとするほうが無理めになってきているように思ひます。
truly_false
2006/12/24 10:51
携帯電話に関しては
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/keitai/shiryougaiyou2.html
この様な話があります。
マスコミは広告主の悪口は言いにくい訳で生活者の幸福とは逆の記事が出てくる事も多々あるようです。
携帯業界は中国へ進出したのだけれど、まともな商品企画を行う能力が電電公社の呪いのために無くなっていた。と言う事が証明された。
日本には「特別会計」と呼ばれる見えない税金が一般会計の数倍は在りますので生活するだけでも多大な税負担を強いられる国なのですが、マスコミは沈黙を守っているようです。
特別会計を明らかにして税金や国防についての議論が盛んにならないと将来は暗い。
kazu
2006/12/24 13:09
キャノンのカメラは日本向けだけ特別にやたらギミックがついているですよね。で値段も高い。ぼくはそんなもの必要ないと思うのですが。
キヨタニ
2006/12/28 00:13
>FOMAはすでに統一されてます。
FOMAはそのようですね。ただ日本の携帯全部が同じ方式ではないし、同じコネクタを使用しても、台座が違うと共用できない。それに本体にセットで充電器を付けるのはナンセンスだと申し上げているわけです。
キヨタニ
2006/12/28 00:18
ユーザーの利便性を無視する日本の携帯電話会社 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる