清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 石播、米で原発保守に参入 米国企業が米原子力発電ビジネスで日本と組む理由

<<   作成日時 : 2006/11/17 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 東芝が米原発大手ウエスチングハウスを買収し、石川島播磨重工業は米国での原発補修メンテを拡大します。また日立製作所や三菱重工はGEと原子力事業で提携します。

 これが何を意味しているかというと、潜水艦など軍用は別として米国の企業は民生用原発に関する技術が無くなってきている、そこで日本企業に部門ごと売却したり、提携して技術力を利用しようというわけです。まあ、そんなことをしているとそのうち原潜用の原子炉まで日本の企業が請け負うことになるかもしれません。

 本当にあいつら、もの作りを舐めています。そのうち痛い目をみるでしょう。
 ぼくの会社が付き合っていたフラッシュライトのメーカーも設備投資をしない、人的資源に投資はしない、儲けは経営者だけが独り占めでした。ですから、不良品率もパーセントレベルでした(製品がまともに動けばいい製品だったんですがね)。
 我が国ではPPMレベルでないと安心して商売できませんでしたから流通ルートを絞ってウチがフォローできる程度の商売をやってましたが、正直関係が切れてホットしてます。幾らアドバイスしてもあの体質はなおらないし。
 まあ、概して米国の製造業はそういう体質があるわけです。

 まあ、中国に原発を売るときは日本企業が表にでると後で色々大変ですから、強面の米国さんを利用して商売すればいい。相手に利用させるフリをして実は利用すれば宜しい。

 先日経産省の技術担当の参事官の方と、ちらっとお話する機会があったのですが、同じような見解でした(民間旅客機に関しては意見が分かれましたが・・・・)。
 
 しかし、大規模な吊り橋なんぞもそうですが、米国の製造業、建設業の空洞化は激しい勢いで進んでおります。実は軍事もそうなんですが、ホントにあの国は大丈夫でしょうか。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20061116AT1D0805C15112006.html



画像

                   軍事を知らずして平和を語るな
軍事を知らずして平和を語るな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
思ふに米国当局のホンネとしては、自動車の“ビッグスリー”も、とっととトヨタの軍門にでも下ればいいってとこなんじゃないかと。最重要技術だけを特許とかで押さえておいて、あとはどこぞにでも造らせときゃイイってことなんでしょう。一度落ちた生産管理技術ってのは取り戻すのは困難なんですがねえ。
truly_false
2006/11/17 01:24
[ミサイル迎撃研究] 解釈改憲の限界を超える
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20061117.html
ミサイル防衛研究 「戦争できる国」に進むな
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200611170106.html

安部首相が米紙のインタビューで「米国に向かうかもしれないミサイルをMDで撃ち落とすことが集団的自衛権にあたってできないのか−について研究すべきだ」と述べたことに関しての地方紙の社説です。

アメリカ政府の高官はもし日本がアメリカに向かって飛んでいく弾道ミサイルを迎撃せずに見過ごすようなことがあれば一夜にして日米同盟は崩壊すると言っていました。

現実的にはあり得ない選択だと思いますが、集団的自衛権に抵触するので出来ないという解釈のままでは米軍との連携に支障が出たり、現場が混乱するのではないかと。

解釈改憲で乗り切るというのは望ましくないかもしれませんが、なんらかの対応は取らなければとらなければならないのではないかと思うのですが……。

お知らせまで。
k.mokuson
2006/11/17 23:26
GEだけではありません欧州の新型炉も納品の半分はMHIの神戸製です。IHIは沸騰水型を手掛けていた訳ですが、さて、なにぶん東芝が壊れてしまったのでGEとしても東芝を飛び越してIHIと手を結ぶ必要が出てきたのでは。出資はつきあいますが、作った事のないWHの圧力容器より、少しは勝手の判ったGEの沸騰水型の方が仕事もしやすでしょう。IHIは呉の46cm砲を作ったピットを使っていたとかいなかったとか。
http://square.umin.ac.jp/pb165/frb01.html
pongchang
2006/11/17 23:58
The All:TMD[ミサイル迎撃システム]は
敵国研究開発側の立場で考えることが重要ぞ!待ち構えている迎撃システムに
飛び込むミサイルを開発するほど、彼ら研究開発者はバカではない。逆方向から
考える(シミュレーション)ことが出来合い日米大本営開発軍事エンジニアの
センスこそ、納税者の大背信である。このシステムは腐沈化しとる。ここ→
http://cliplife.jp/clip/?content_id=1p59j5xx
右側のテキストこそが、TMDの破綻を示しているのだ。
guest
2006/11/18 07:23
そのうち原潜ようの原子炉まで三菱製になったりして。それはそれで恐い話しですが・・・
キヨタニ
2006/11/21 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
石播、米で原発保守に参入 米国企業が米原子力発電ビジネスで日本と組む理由 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる