清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本零士VS 槇原敬之 盗作を巡って対立。「巨匠」はもう少し大人になっては

<<   作成日時 : 2006/11/14 16:34   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 11

 さて、この盗作問題ですがぼくは松本零士氏の方が分が悪いと思います。

 極めて短い台詞、しかも全て同じ台詞ではないわけです。ぼくもかつて著作権がらみの民事訴訟をしたので多少しらべていますが裁判で松本零士が勝てる見込みは極めて低いと思います。

槇原氏は銀河鉄道999のタイトルこそ「銀河鉄道の夜」のパクリじゃないかと突っ込みを入れられておりました。松本氏はそのツッコミに答えるべきでしょう。「銀河鉄道」なる言葉は宮沢賢治の創作物です。

 かつてスタジオぬえが、アニメ版「宇宙海賊キャプテンハーロック」で複雑怪奇なアルカディア号をアニメーターが描きやすいように、10度ごと360度あらゆる角度からアルカディア号を描いたサンプルを作りました。
 松本氏は当時の連載でこの図を拡大縮小し、切り張りしてマンガを作っていたそうです。本来アニメ制作のツール用に作られた図(しかも他人が制作したもの)をそのままコピーを繰り返してマンガに転用するのは如何なモノかと思います。


 また、松本氏は「ケロロ軍曹」の中で宇宙戦艦ヤマトのパロディをやっていいかと、バンダイが忖度してお伺いを立てたところ、許さなかったそうです。
 自らの権威を盾にパロディを封殺するのもこれまたいかがかなものかと思います。
 特にヤマトの場合、元々氏は原作者でもなかったわけですから。

 これのケースは著作権に違反しているわけではありませんが、表現者としてどうよ、と思わざるを得ません。
 些か氏は著作権に関して行き過ぎと思える考えがあるように思えます。
 
 カネも権勢もある「巨匠」が小姑みたいに若い者をいじめたり、自分の権利を主張することでご自分の権威を確かめるかのような行為はあまり尊敬されると思いません。
 
 こういうことを続けていると、才能が枯れたから過去の栄光にしがみつくとか、麒麟も老いては駄馬にも劣ると世間様では陰口をたたかれるようになります(えてして取り巻きからこういう情報は御大にご注進されませんから「裸の王様」へまっしぐらです)。 

 福岡の田舎から出てきて、貧乏暮らしを経て、功成り名を遂げた方ですから、分野に関わらず表現者たる後進を暖かく見守ることができないものでしょうか。





      清谷信一、石破茂代議士共著!
  
画像
             
                       軍事を知らずして平和を語るな
軍事を知らずして平和を語るな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
>「銀河鉄道」なる言葉は宮沢賢治の創作物です。
宮沢賢治は1933年逝去で著作権は没後50年の1983年12月31日で切れているからパブリックドメインとでも言うのかな?
へろ
2006/11/14 22:17
>著作権は没後50年の1983年12月31日
銀河鉄道999の連載期間が1979年からだ。これは通用しないや。
へろ
2006/11/14 22:18
>また、松本氏は「ケロロ軍曹」の中で宇宙戦艦ヤマトのパロディをやっていいかと、バンダイが忖度してお伺いを立てたところ、許さなかったそうです。

 小林よしのりも、かつて『東大一直線』の中でワンカットながらヤマトを登場させたが、あれは見逃されたんだろうか……?
「波動砲のようなショック……」
 で、イデオンの「波導ガン」って、波動砲のパクリのような気が駿河湾。
土門見人
2006/11/14 22:22
ライオンキング」が作られたときに手塚先生のプロダクションが何もクレームをつけなかったと聞いていますがそれとは対照的ですね。あまり著作権といってうるさく言うのはどうかと思います。どの創作者にしろまったくゼロから物事を創造する人はいないのですから・・・。
あーちゃん
2006/11/14 23:22
1996年からビックコミックゴールドでぽつぽつ連載してた分の台詞と、牧原の歌詞が似てたって話ですけど、正直・・・


 あんなマイナーなもん、だれがよむっちゅーねん。老いて名を汚すな!

・・・と思う次第であります。

ぽてとぱい
2006/11/15 03:55
>あーちゃんさん

 故手塚先生の、かつてのディズニーへの心酔を思えばこそと思われ。
 この件とは微妙にニュアンスが違うように思います。

ぽてとぱい
2006/11/15 03:59
もともと松本氏は自分の作品への愛情がたっぷりありすぎるためか、法律のことなどまったくお構いなしに暴走することが多いです。
ヤマトの原作者論争のときもそうですし、自分がけしからんと思ったら問答無用で相手の都合もお構いなしに、何時間でも抗議の電話をかけてくるのは有名な話です。
良くも悪くも典型的な「大人になりきれない人」なんでしょうね。(そういうところを版権ビジネスとか著作権改正なんかにいいように利用されているみたいだし)
ミンゴ
2006/11/15 10:04
 かといって「男おいどん」を描いていた時代にそんな話しを聞いたことはないですね。大ヒットが人を狂わすのでしょうか。
キヨタニ
2006/11/21 18:26
>へろさんへ

残念ながら
題名には著作権はありません。
きき
2007/11/21 14:27
調査不足の間違いだらけの名に陽にびっくりしました。
まとめwikiをよんでみてはどうでしょうか?
NPC
2008/08/03 20:23
悪意ある偏った解釈であることに本人は気がついているであろうか。
あしょ
2009/07/19 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本零士VS 槇原敬之 盗作を巡って対立。「巨匠」はもう少し大人になっては 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる