清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ミネベア航空用精密ねじで大もうけ、工場拡大へ。もう拳銃の生産は止めたらいかがでしょうか。

<<   作成日時 : 2006/08/29 18:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

 ミネベアが10億円かけて航空機向けのボルトやナットなど精密ネジ類の製造工場の生産能力を拡大し、現在約70億円のネジ事業の売り上げを数年内に100億円までに引き上げるとのことです。
 随分と儲かっているようです。

 余計なお節介かもしれませんが、もう拳銃やらサブマシンガンやらの商売から足を洗っては如何でしょうか。

 率直に申し上げて自衛隊が採用している、1丁40万円以上もする機関拳銃なる胡乱なサブマシンガンは、ミネベアの拳銃ビジネスを維持するためだけに開発生産されておるとしか思えません。

 こんな儲からない商売、豊和辺りに売り飛ばして、整理した方が良かないですか?

 小火器の統合が進めば、開発生産も効率化し、ラインの維持だけのために役に立たない鉄くずを延々と生産して税金を浪費するという無駄も減ります。

 それが自社ため、お国のためでしょう。兵器を生産するだけがお国へのご奉公ではありますまい。

 サブマシンガンと言えば、H&Kは今後5〜10年でベストセラーのMP−5の生産をうち切るそうです。さすがに40年以上も前の設計ですからねえ。


税金所詮は人のカネ、後は野となれ山となれ・・・


 
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060826AT1D2503J25082006.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ムチャクチャな話ですね。まずは9ミリ機関拳銃の即時廃止でしょう。あれで40万だなんて税金と弾の無駄遣い以外の何物でもない。「SAS」のヘンノ軍曹のセリフじゃないけど「天井撃つにはちょうどいい」ブツだし。撃ってる最中に弾じゃなくて銃身が飛んでいくという話もあるし。何よりマイクロUZIの劣化コピーっていうのがいかん。
P220にしても、需要は増える一方なんだし、最新型のP226ならグリップも良くなってるんだから、いっそこっちに絞るべきかと。確かに手の小さい人間(俺もそうですが)にとってはP220のグリップは手に馴染むんですが、せめてアメリカ仕様のボタン式のマガジンキャッチにしないと。
MP−5はスイスのブルッガー&トーメが権利買い取って作るんじゃないかな。んでH&K自体のラインは閉めてもカタログには載ると。そんな気がします。
9ミリ機関拳銃の後継としては、9ミリパラに拘るならば理想を言えばブルッガー&トーメのMP−5、時点でH&KのUMP。もし口径の変更が可能ならばそれこそFNのP90かH&KのMP7A1を。「機関拳銃」というコンセプトならMP7A1が理想的なんですが。
D・Dダレル
2006/08/30 08:30
劣化した武器を利権保持で高額にて購入する。
腐敗してますな。
自由化し米軍や米警察と装備を同一化すべし。
日本国内でライセンス生産すればよろし。
現場も間違いなく喜びますわ。
甘い汁吸うダニは上の一部なのを
現場リアリズムは知ってま。
落武者
2006/08/30 12:04
小火器メーカーは一社に集約すべきです。
キヨタニ
2006/08/31 13:17
とはいえ肝心の豊和も、雑誌の取材を「儲けにならないから迷惑だ」と言うような会社ですからね。銃身の精度が良くても機関部の出来が悪くて酷評されるライフルもあるし。見てて歯痒くて仕方がない。
一流メーカーが日本製の工作機械で造れると言ってるし、ライセンス生産にしても本気になればスイスやドイツ並みの精度が出せると思うけど、いかんせん国内での開発環境が下らない法律のせいでろくに実弾でのテストもままならない。これはボディアーマー等の防弾装備にも言えるけど。
銃刀法があるから国内での需要も見込めないし、海外市場でも本気でやる気が無いから国内でも駄目なんでしょうな。
本気なら、それこそ西方普連とかやる気のある部隊と協力し合って開発すればいいのに。
いっそ東京マルイが実銃造ったらグロックのように一躍トップグループに躍り出るんじゃないかという気さえします。
D・Dダレル
2006/09/02 11:37
日本製兵器は「商品」ではありませんからね。兵器も道具であり、客に売る商品であるということですけど、市場原理、競争原理から阻害されたいるので、「悪かろう、高かろう」という本来「商品」として、通用しないシロモノが採用されてしまうわけです。
ここには、「自衛隊は、戦闘を目的として軍隊ではない」詭弁の副産物という気がします。
シロ
2006/09/05 11:45
せめてメーカーの集約は必要ですね。
キヨタニ
2006/09/08 00:28
複数社では無駄だからメーカーを集約したら、必ず殿様商売で無駄だ!って言う方が最低一人います。
名無し
2011/10/20 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミネベア航空用精密ねじで大もうけ、工場拡大へ。もう拳銃の生産は止めたらいかがでしょうか。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる