清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日経で一番面白いのは文化欄のエッセイ

<<   作成日時 : 2006/05/18 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本経済新聞朝刊で一番読む価値があるのは最終面の文化欄に掲載されているエッセイです。
 これは毎回一風かわった仕事や趣味をもっている人たちのエッセイです。これが毎回どこから探してくるんだろうというようなユニークな人たちが登場します。

 今週の火曜日はポン菓子製造機を開発したタチバナ菓子機の吉村利子社長です。

 ポン菓子というのは米を膨張させた菓子で、うちの親の田舎ではポンポン菓子とよんていました。ぼくらが子供の頃までは結構ポン菓子の実演販売を見かけたものです。

 で、吉村社長は戦時中、10代の専門学校生だったのですが、戦時動員で教師をやっていたそうです。ところが児童達が毎日腹を空かせているので、何とかしたい一心でポン菓子製造器を開発したそうです。
 文献を調べたらこのような穀類膨張機第一次大戦後食糧難のドイツで大砲の砲身を利用してつくられたことを調べ上げ、苦労の独学で末戦後の46年に第一号機完成させたそうです。
 
 ぼくも子供の頃よく食べた覚えはありますが、戦時中の飢えた子供達の腹をなんとか満たすために開発されたとは知りませんでした。意外なものに意外な背景があるものです。
 
 吉村社長はポン菓子の実演に「群がる子供達を見かける機会はめっきり減ったが、子供達が飢えと無縁になったのは喜ばしいことだ」と述べおります。

日本ではポン菓子実演ですが、アフリカの貧しい国などでに持っていけば喜ばれるのではないでしょうか。

 最近はこのエッセイが楽しみで日経を読んでいるようなもんです。

 日経にこのシリーズは書籍化する予定はないのか問い合わせたのですが、今のところないそうです。
 これは非常にもったいない。是非書籍化して欲しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日経で一番面白いのは文化欄のエッセイ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる