清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS T1引退、F1も…・

<<   作成日時 : 2006/03/03 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 18

 3日、国産初の実用ジェット練習機T-1が全機退役しました。

 不思議なことにT1より遙かに後に後に導入されたT-2、F-1がほぼ同じくして退役します。

 これは会計上の問題もあるんでしょうが、モスボールするなり、転用するなりしても良いと思います。例えば標的機するとか。
 
 また延命措置を講じて近代化を施すなり、偵察機にすれば、F-15を偵察機に転用する必要もないでしょう。となれば、今回の中途半端な時期のFX商戦も必要なかったかもしれません。

 少なくともこのようなことが、議論もされずにやれ、FXだ、と話が進むことには抵抗を感じます。
 ただでさえ調達コストが高いのですから、できるだけ有効に使って欲しいものです。


T1練習機が引退飛行 国産初の実用ジェット機
(共同通信) - 3月3日12時10分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060303-00000107-kyodo-soci

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「T1引退、F1も…・」について
「T1引退、F1も…・」について  このブログ記事の中で清谷信一氏は航空自衛隊の支援戦闘機(他国では攻撃機と呼ぶ)F1と、同じ設計の練習機T2の退役について疑念を表している。  確かに内部事情としての、防衛庁と合衆国の「大人の関係」やら財務省が予算を認めないという事情はあったのであろう。  それに清谷氏は疑問を投げかけるだけでなく、さまざまな代案を提示している。  しかし、日本の航空法(そんな法律があるわけではなく、航空関係のさまざまな法律を総称している)によると、パイロットの免許や... ...続きを見る
高橋和司 戦略 Blog
2006/03/04 12:08
eマーケット
こんにちは。t1引退、f1も...・ 魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室/ウェブリブログを興味深く読ませていただきました。ふるいジェット機も味わいがありますよね。 ...続きを見る
じぇむこむ
2006/08/30 19:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
先の防衛施設庁蝿タカリ事件もそうですが
どうも、自衛隊・米軍関連は
既得権益の腐臭が漂いますな。
聖域無き構造改革、せなだめですわ。
それと、憲法改正・国軍制定は
別次元の話ですわ。
落武者
2006/03/03 21:09
アフリカとか、その他の小国に供与するって手はないんですかね(整備運用マニュアル・教導人員込みで)
truly_false
2006/03/04 01:33
日本には、趣味の航空機オタクが多い。そこで、民間なり、趣味分野へ引き渡し(インチキなしの入札で)遠隔手動操縦飛行デバイスの信頼性試験に役立てるのはどうか? この分野は官でも、民でも、コストパフォーマンスな開発は不能だから、趣味側に取り組ませれば、世界に冠たるロボット技術で、どんな高度なシステムを構築する。


guest
2006/03/04 09:27
去年、テレビで、ライトニングを稼動させている民間の会社(南ア)が出てましたが、日本にもそんな会社は出来んモンですかね。
truly_false
2006/03/04 13:34
F-15の偵察機改修案はあくまでRF-4Jの後継問題から出たものです。
F-1やT-2に手を加えた機体でこの要望に応えることができるでしょうか?
 
2006/03/04 15:51
 偵察機・標的機・テストベット機どれに改造するにもF−1は小さ過ぎると思います。F−4と比べると子供みたいです。引退以外の選択肢があるとは思えません。
 はじめからF−4、15、18みたいに余裕を持って設計して改造しながら長く使うことは自衛隊は考えないんですかね?
電気屋
2006/03/04 23:08
幾らなんでも1万時間飛んでいれば、さすがに
寿命でしょう。
ここは、花道を飾ってあげましょうよ。
シロ
2006/03/04 23:10
>ライトニングを稼動
南アの富豪のオヤジですね。趣味がこれまたビジネスになってしまった。日本でもビジネスは無理でしょうが、各務原あたりに博物館をつくってフライアブルな状態で保存して欲しいものです。

F−1の偵察機転用は単に偵察ポッドを搭載するだけですからさほど難しくないでしょう。偵察機に転用するなら、F−15より寧ろF−2を使うべきでしょう。
標的に関していえばF104も使われいたと記憶しております。

確かにF1は戦闘機としては非力です。まあ空自としても早く退役させて、あれはなかったコトにしたいのでしょう。
キヨタニ
2006/03/04 23:37
問題なのはこのような旧式機の有効活用が議論されることすらなく、高い金を出して調達した国有在である兵器が簡単に廃棄されるということです。防衛庁・自衛隊には装備を有効利用する義務があるし、その廃棄にあたり、正当たりえる根拠を納税者に示すべきです。
キヨタニ
2006/03/04 23:44
南アで実際に飛ぶライトニングを見ましたが実物は非常に魁偉ですね。しかし何でイギリス人という連中はこんな変な機体を採用したんだろう、と思います。
キヨタニ
2006/03/04 23:46
T-1と言えば昨年故人となった岩崎貴弘氏(ロック岩崎氏)が、現役時代数ある「ヤバイ体験」の中でも筆頭に挙げるほどの事件に関わった機体でしたよね。

彼が教官として芦屋で飛んでいた頃、離陸直後にエンジンが爆発しフレームアウト、トラックパターンを滑空して生還したことがあります。本人の技術もありましょうが、本機の滑空性能もかなり高かったのではないのでしょうか?

F-1も残すところ今週いっぱいだそうです。このF-1、一昨年の50周年記念塗装機・昨年のファイナル記念塗装機のデザインは、築城基地に勤務している友人の弟さんの手によるものです。本人さんにも会ったことがありますが、見事な凸凹コンビでした。(笑)


退役後は外国には先ず出せませんしね(自主規制があるし)、これが逆に単価を上げている原因になっているわけですが・・・ま、30年も使ってれば上等なんじゃないんですかね。

どちらかと言えば、アップデート次第でまだ使えるナナヨンをさっさと削減する陸自の方が問題かと・・・。
F-4EJ改
2006/03/06 01:57
モスボールしておけば、それは継戦能力を重視してしているぞ、というメッセージを周辺に送れんですがねえ。実際に役に立つかどうか別問題ですが。
キヨタニ
2006/03/06 21:52
>モスボール

そうですね、イスラエルなどはF-4やA-4などを保管し、有事には再生し作戦機として使用します。(米国のそれは、主に友好国への売却や、標的機としての再利用を目的としています。SR-71などのように現役復帰する方が珍しいかと)

あとF-1と同設計であるT-2なんですが、教導隊の所属機がACM訓練時に空中分解した前歴がありますから、ちょっと再使用はコワいかも。

私としてはやはり「即応能力を高める」事が現実的だと思います。特に「憲法論議」等と言うサヨク共の寝言を無視してでも法的な問題をクリアする必要がありますね。(誤解を恐れず極論を申せば、サヨクの言うことなど全く聞く必要は無いと考えています。)

いくら装備があっても動けなければ意味がありませんから。
F-4EJ改
2006/03/06 23:31
もったいない、という意識を持って欲しいですよね。簡単に装備を破棄するのは予備役が事実上いないせいかもしれませんね。
キヨタニ
2006/03/07 19:45
F−1大好きなんだけどなぁ…
現場でひたすら言われたのは「パワー不足」
エンジンの非力さを皆嘆いてましたね。
爆装して飛ぼうとすると、アフタバーナ全力で焚いても滑走路ギリギリで、ゴミも吸いやすかったからエンジン自体の寿命も短いとか。
あれはASM−1があるからこそ光ったんですよ。んでも格好いいんだよなぁ…

ちなみに百里にブルーインパルスで使われてたT−2が地上展示されてますが、バルカン砲のマズルの中からすずめが顔を覗かせたり…

ジャギュアに妙に似てるけど、その実はF−104で学んだ技術でやってみましたというのが本音だし。出来ればエンジンはもうちょいパワーがあれば良かったけど。

F−2も見通し明るくないけど、ちゃんとアップグレードして欲しいな。でも金食い虫になるんだろうか?そうなるとF−15シリーズで纏めた方がむしろ安上がりか?

74式をアップグレードしないのは本当に勿体ないですね。あと陸自はファミリー化しても互換性少なすぎるような…
D・Dダレル
2006/03/10 05:48
高等練習機をベースに戦闘機の開発というベースラインはぼくも高く評価します。問題は戦闘機として何が必要か、ということをドクトリンレベルで明確化してこなかったことでしょう。
安直に安価に戦闘機を開発できればよい。それがエンジンの推力不足、機動性の不足を招いたとおもいます。

F−2に関しては、関係者からもかなり悲観的な意見を聞きます。それと重工のモラルも低下も不安材料です。

74式に関しては軍事研究でその有効利用を訴える記事を書きましたが、新戦車開発するより既存の戦車のアップデートを行い浮いたカネで、装甲車の大量調達とネットワーク化を行うべきです。
キヨタニ
2006/03/10 13:22
F−1でさんざ苦汁を飲まされ、F−2でもこれですか…
焦らずいい物を作るという考えは無いんですかね。フライバイワイヤにしたってスウェーデンのグリペンも同様に苦労したけど自力で物にしたんだし。コンセプトは違っても物作りの点から言えばグリペンってかなりいい線行ってると思えますよ。
三菱自動車はやればできる所を見せてるんだから、重工もふんぞり返ってないで取り組んで欲しいとこです。

74式を新戦車の代わりに使うとして改修費用にどれだけかかるかですな。まあ、ちんたら新品作った方がいいのか、既存の車両を改造した方が早く戦力化出来るのか。その隙間を埋めるのが相隣装甲車のファミリー化であり対戦車兵器搭載型だと思うんですがね。
ネットワーク化は必須ですね。ぼったくられるんだろうなーと思いつつやらねばならないでしょう。ウインドウズベースは御免被りますが。
D・Dダレル
2006/03/12 05:37
既存車輌のネットワーク化は必要です。それができなければ師団レベルのネットワークシステムを入れても意味がありません。
キヨタニ
2006/03/12 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
T1引退、F1も…・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる