清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪獣の家

<<   作成日時 : 2005/12/12 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 最近読んだマンガで印象深い作品でした。作者は星里もちる。この人は「家」を舞台にした作品が多いのですが、これもその一つです。
 タイトルと表紙をみると怪獣ものか、と思ってしまうのですが、違います。

 交通事故で家族を失った主人公の住む家が怪獣映画で使われることになるというお話です。

 で、主人公の死んだ妹の同級生でその怪獣映画に出演する女優と、近所に住んでいる(自分の住んでいる家が怪獣に壊されるのが夢という)怪獣マニアの女の子と、が同居生活が始まるわけです。
 特撮映画のマニアならずとも楽しめる作品です。

 興味深かったのは後書きで、作者が初めて見た怪獣特撮が「ウルトラQ」のゴメスが出てくる回だそうです。奇しくもぼくと同じです。 

 そういう世代が世間の中堅になっているだなあ、大人は子供のなれの果て、と実感した次第です。

怪獣の家 1 (1) 全2巻
怪獣の家 1 (ビッグコミックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「ウルトラQ」ですか
オープニングタイトルからして怖かった記憶がありますね。
印象に残っているのは、ペギラとカネゴンです。
日本でヒーローの出てこない特撮は、もう見れないんでしょうね(-_-;)
安芸の住人
2005/12/12 16:36
>ヒーローの出てこない特撮
一応ウルトラマンMAXに時々その様なエピソードが挟まる事が有る様ですね。
こないだやってた「狙われない街」はウルトラセブンの「狙われた街」のセルフパロでしたがウルトラマンそっちのけで、かつて地球を侵略しようとした異星人のノスタルジー全開の展開でした。怖くはなかったですが、ヒーローは必殺技の一つも披露する事無く幕となりましたっけ。

趣味性の高いシリーズは無理でも、一般受けする物にマニア受けする物を混ぜるのが昨今の潮流の様に感じます。
一読者
2005/12/12 18:05
 ガメラって、時に人類の味方にも敵にもなるから、ヒーローとは言い切れないような気がします。
 街は踏み潰すは、人間を巻き添えにするわ……(って、ウルトラヒーローがやっていることやんけ)
土門見人
2005/12/12 19:49
トワイライトゾーンみたいな奴、深夜枠でやれば面白いのに。CGが発達しているから低予算でできるでしょう。最も脚本の質が問題か・・・
>「狙われない街」辻本清美が出てきて「この街は無防備宣言してますねん!狙わんといて!」とか騒ぐのではないですよね?
キヨタニ
2005/12/12 20:19
ガメラはすきですね。悪役でも。
前にも書きましたが記念すべき劇場でみた
はじめの映画ですから。
キヨタニ
2005/12/12 23:44
>辻本清美が出てきて「この街は無防備宣言してますねん!

そ れ は 激 し く 嫌 で あ り ま す ! (笑
既放送なのでネタバラシすると「携帯電話使用中の市民が突如暴れ出す事件が多発し、電話のアンテナ開発者の協力で異常な電波の発信源をつきとめるとそこには40年前にこの街を侵略しようとしてウルトラセブンにヒラキにされたメトロン星人が!彼は侵略を諦め潜伏していたものの、文明の利器に頼りすぎて知性が後退していく人間たちを見つづけたため嫌気が差して遂に地球を離れる事にしたと言う。人を狂暴化させる電波を流したのは知性の後退を後押しする為だとも。
メトロンの巨大化に併せて変身するウルトラマンだが、同朋の円盤が到来すると大人しく引き上げてしまう彼をただ呆然と手を振って見送るしかなかった…」

オメーラには侵略してやる価値もネーヨという負け惜しみともつかないメトロンの振舞いに苦笑してしまいました。ちょっかい出すだけ出してッサッサと帰っちゃうんですから実質ヒーローの出番無し。でも毎度山の様に押しかけてくるエイリアン達ですから、中にはこんなのが混じってても悪くないですね。
一読者
2005/12/14 08:08
メトロン星人といえば畳にあぐら+ちゃぶ台でしょう。
http://hicbc.com/tv/max/
直撃世代には、やはり印象深い場面だったようで。

>オメーラには侵略してやる価値もネーヨ

実は対日テロ防止に、先週のTVチャンピオンをアルジャジーラで流してやる、というネタを考えた事があります。少なくとも自爆テロは無くなるんじゃないかと。
「命を賭けて戦う価値のあるヤツらか?」と思うのでは・・・
Tammy
2005/12/14 18:43
ウルトラマンネタだと、泉昌之の初期のマンガ「かっこいいすき焼き」もお勧めです。

キヨタニ
2005/12/14 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪獣の家 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる