清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス政府フォアグラを歴史的な財産として擁護

<<   作成日時 : 2005/10/29 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 先にイスラエルで動物愛護の観点からフォアグラの生産の中止が求められましたが、フォアグラの「本家」フランスの 国民議会(下院)で10月20日「フォアグラはフランスの伝統文化的財産である」とする法案を可決したそうです。
 
 何しろ嫌がる鴨やガチョウの口に無理矢理餌を詰め込むわけですから、動物愛護団体なんぞから非難があがっておるわけです。

 でもさあ、それなら鯨を食うなとか犬を喰うなとか言って欲しくないですよね。フランス人でフォアグラなんぞという高級食材を一生喰わない人もいるわけですから。
 
 イスラエルもイスラエルでガチョウよりも同じ人類であるパレスチナ人の「愛護」を優先しろよ、と思うのはぼくだけでしょうか。因みにフォアグラと違って東アジア、東南アジアでは犬はポピュラーな庶民の食材です。


フォアグラは仏文化の「遺産」、仏下院が法案可決
(読売新聞) - 10月20日12時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051020-00000003-yom-int

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
エゴと偽善で歴史伝統文化を破壊する日本にもこういうのするの大好きな連中がいっぱいいますよね。何とかしてほしい限りですわ
ふなやす
2005/10/30 01:42
 動物愛護原理主義者にはこまったものです。
 ただ、背景には食文化の変化もありますね。フランス人も郷土料理をあまりたべなくなったし、重たい食事を敬遠したりワインの消費量もへってますまからね。
ただ、食塩と称して塩化ナトリウムを「塩」として独占販売したり、戦時中の混ぜモノで増量したインチキ酒を「清酒」といって許可してきた我が国の官僚たちにくらべて、遙かに食にかんする基礎的な政策は筋を通してきましたが。
キヨタニ
2005/10/30 12:55
 そのフランスの☆☆☆☆☆料理人が、和食の食材や技法を取り入れ、昆布や鰹節、更には海苔までフランス料理に使い始めたところを見ると、何となくシュール。和食のお株を奪われかねない。
土門見人
2005/11/01 21:53
 フランスの自然食品店では味噌、豆腐、ノリ、にがりまで売っています。ぼくはよくノルマンディ産の昆布やわかめをおみやげにかってきます。
 小豆なんぞは向こうでは家畜の餌だったのですが、ミッテラン夫人はパリの虎屋の常連だそうです。
キヨタニ
2005/11/01 23:53
 ノルマンディ産の牡蠣で、土手鍋や酢の物、焼き牡蠣を楽しみたいですね。当然、シャブリで。

>小豆なんぞは向こうでは家畜の餌
 向こうでは家畜の餌扱い、銀シャリに比べれば麦飯扱いのライ麦で焼いたパンが、我が国では白い食パンより高いのと、何か通じるところが……
土門見人
2005/11/02 00:24
フランスの牡蠣は病気で全滅して、日本から輸入し他という経緯があります。現在では元の種も復活しております。
 不思議なのは牡蠣フライとか、あまり牡蠣を
加熱した料理は少ないですね。グラタンぐらいなもんでしょうか。しかし、昔は「日本人は生の魚=未調理の魚を喰うから野蛮」とかいいながら生牡蠣くっていたというのは矛盾ですね。

現在はフランスでもライ麦入やら雑穀入りのパンの人気が高まってます。
我が国では国営別荘に「ご滞在」した議員センセイが、麦飯を食わせるなんて人権侵害だぁ。とのたまっていたことがありましたね。 
キヨタニ
2005/11/02 01:18
 生の魚介類を食さない欧米人にも、牡蠣だけは例外のようで、ビスマルク伯は嘘かホントかは分りませんが、一晩で数百個平らげたという逸話があります。
 ヨーロッパでの魚料理の発達は、地理的な制約があって、大都市が港湾沿いに発達した我が国と違って、内陸の河川沿いに発達したものですから、川魚ならいざ知らず、海魚は当然鮮度が落ちる。近代以前は、新鮮な食材は王侯貴族でも中々手に入らなかったわけで、そうなると必然的に香料とソースの味を濃くして、臭いをごまかさなければなりません。だから、伝統的フランス料理でも、魚料理の最高峰はグリエ(網焼き)です。余程新鮮な魚でないと、とても楽しめませんから(日本では庶民でもできたことですけど)、網焼きは贅沢の極みだったわけです。幕末開国時にフランス料理のシェフが来日していれば、目黒の秋刀魚、大根卸し添えに驚嘆したでしょう。
土門見人
2005/11/03 21:47
 基本的にフランスの魚料理はクリーム煮が多いですね。味は全部同じ。例外はブイヤベースぐらいでしょう。最近ですね生ないし、浅く火をとおした料理が流行りだしたのは。
 過日、弟とパリの某星つきレストランにいったのですが、いきなりキャビアと卵、トリフソースがかかった「TUKIDASHI」が出されました。
 もっとも、イタリアやスペイン、ポルトガル
なんぞは焼き魚が結構多いですね。
 野菜料理はなんか、和食食べたようで損したきになったような・・・・
キヨタニ
2005/11/03 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス政府フォアグラを歴史的な財産として擁護 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる