清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS エア・ソフト・ガン悪用事件連続発生を憂う

<<   作成日時 : 2005/10/02 02:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

 最近 エア・ソフト・ガン(ASG)を使用した犯罪が増えております。愛好者の一人としてはこれを非常に憂慮しております。
 一連の事件を立てに警察が世間受けをねらって抜本解決にとはほど遠い、エア・ソフト・ガンに対する更なる規制を画策するで可能性が大きいからです。

  問題は第一に呼称です。新聞、専門誌でも エア・ソフト・ガンのことをエアガンと呼んでおります。ですがエアガン=空気銃であり、これは我が国では実銃に分類されます。
無論所持に免許が必要です。
 対してエア・ソフト・ガンはあくまで玩具屋で買える玩具であります。無論所持に関しては免許は必要ありません。

 業界団体は自ら空気銃と区別するためにエア・ソフト・ガンなる言葉をつくったのですが専門誌ですら未だにエアガンと呼んでいます。海外でも「エア・ソフト」と呼ばれて空気銃と区別されています。

 エア・ソフト・ガンがエアガンと呼ばれることにより、新聞やテレビ、週刊誌などでは無知から、あるいは意図的な悪意をもってエア・ソフト・ガンに関する犯罪を報道したりします。
 ですから、業界団体や専門誌がエアガンという言葉を安易につかわず、別な言葉例えば「エアソフト」でも「ASG」でも良いから、エア・ソフト・ガンと空気銃は別なカテゴリーのもの、似て非なる物であるという啓発活動を地道に続ける必要があるでしょう。

 第二にこの手の事件はマスメディアが取りあげやすいということがあります。
 実際の話、走る「凶器」とよばれる自動車ならばアクセルをチョット踏み込むだけで人間を殺せます。殺人目的で自動車がつかわれても、また実用が極めて低いが高性能、高価なスポーツカー、大排気量のバイクなども販売されています。
 また一時期に比べて減ったとはいえ、飲酒運転などの悪質な自動車事故も今だ多く年間八千名が亡くなっております。

 ところが世論がこれら「無駄な趣味の自動車、バイク」に寛容なのはユーザー人口もさることながら、メーカーや業界団体が巨大で、マスメディアの大広告主であることも影響しているでしょう。対してエア・ソフト・ガン業界は中小零細企業の集団ですからメディア、警察としても叩きやすいという面があります。

 ではこのような エア・ソフト・ガンの悪用、改造をどのようにしたら防げるのか。それは刑法の罰則を厳しくすることです。
 かつて、暴走族が社会問題になったとき、道交法全体を厳しくし、多くの真面目なユーザーに負担をかけ、そのじつ暴走族の取締には対して効果がありませんでした。
 逆に最近までは飲酒運転による事故に対する社会的制裁は極めて甘かったのですが、飲酒運転に対するペナルティが厳しくなった昨今、飲酒運転による事故は減少しています。

 以上のことから普通のユーザーにはできるだけ、負担が少なく、違反者に的を絞った法の改正が必要と思慮します。ただし、この場合警察の恣意的判断を排するために細やかなルール設定を行うべきでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
飲酒
エア・ソフト・ガン悪用事件連続 ある夜の出来事。 真夜中の天ぷら。。。 レモン&ライム味 [2005年夏期ドラマ] 総評 [食・酒]ふうー 人生の経験血 千葉県文化会館 ありがとうございました 昨日は・・・ ...続きを見る
飲酒
2005/10/02 03:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 一連の事件、最初の事件の後マネする奴が出てくると思いましたが案の定です。抑制の利かないガキが多いね、世の中は。ガキだからマネすることを恥ずかしいと思わないのだな。

>普通のユーザーにはできるだけ、負担が少なく、違反者に的を絞った法の改正が必要
 コンセプトはそうなのでしょうね。
 私はガンマニアではないけども、道具が好きなのでその意味ではガンも好きです。普通のユーザーがとばっちり食うのは勘弁して欲しいですね。

 ただ、キヨタニさんがおっしゃるような車を引き合いに出すのは、ちょっと違うかなと。
 車が関わった事故は、極々一部の例外を除いて「狙った」ものではない一方、銃による事件は「狙った」ものであること。車は殺傷のための道具ではありませんが、銃は殺傷の道具です。
 このレトリックで行くと、首つり自殺に使えるロープ、鴨居、手摺り、ドアノブに世論が寛容なのはなぜかということに・・・・・そりゃないか(笑)。
Joe
2005/10/03 09:19
ただ、エアガンマニア&製造流通関連の人達も
何らかのアクションを起こすべきですよ。

どうも、今のマスゴミ連中の動きを見ていと、祭りにしたくてたまらない様子ですし。
まあ、衆議院選の時にあれだけ民主マンセーを打ち上げた挙句にボロ負けしてますので、
何でもいいから叩けるネタが欲しくて餓死寸前な状態ですし(w

黙っているだけでは、今回は法規制まで持って行かれる可能性もある、と私はみています。
北極28号
2005/10/03 11:12
業界内のまとまりが悪のは問題です。内輪ものめをしている場合ではないとおもうのですが。

ぼくが車の例を持ち出したのは暴走族問題があったからです。それとスポーツカーは完全に趣味の車です。趣味という面ではおなじなんですね。
冷静に考えればそれに殺傷力というのであれば、そこら辺の木切れをつかって弓を作る方が余程簡単です。そこいらに転がっているもので飛び道具が作れるわけすでが。

キヨタニ
2005/10/03 12:24
そろそろ業界も危険な改造パーツを製造している「パーツメーカー」や「明らかに銃刀法に違反した改造部品」を自主規制する必要が出てきたのではないでしょうか、さもなければ「第三次の銃刀法規制」が始まりかねません、自浄能力の無い組織が滅ぶのはやむ終えませんが趣味の領域は大切にしたいのでがんばって欲しいです。
ざんぶろんぞ
2005/10/03 19:30
あの業界仲悪いからなあ・・・・
キヨタニ
2005/10/04 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
エア・ソフト・ガン悪用事件連続発生を憂う 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる