清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京危機管理産業展2005&「風。」さんのコメントについて」について

<<   作成日時 : 2005/10/20 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

「風。」さんのコメントについて」について


 昨日、現在有明ビッグサイトでおこなわれている東京危機管理産業展2005に行ってきました。東京都の肝いりで今年初めて開催された見本市です。
 ヤマハのUAVの他意外なアイテム(警察&自衛隊)が展示されておりますので是非見学をお勧めします。

 さて、以前このブログで大論争となった特殊繊維ダイニーマの日本の製造元である、東洋紡績株式会社が出展しております。また開発したオランダのメーカーRoyal DSM N.V.社からも専門家が応援に出てきておりました。あの件で疑問のある方は是非このショーでご自分ここで問題になったテクニカルな事柄について説明をしてもらえる絶好のチャンスです。

 英語が苦手な方でも通訳もいるし、日本語のパンフも用意されておりますので、安心です。
 今週金曜日まで開催されているので時間のある方はどうぞ。

東京危機管理産業展2005
http://www.kikikanri.biz/
上記サイトにてWeb事前登録をすると\2000の入場料が無料になります。


特に「風。」さん、あなたにお勧めです。
あなたのIPは初め222.13.108.84で、途中から 222.3.143.196 に変わりましたよね。その後日本での製造メーカーの人間を名乗る「糸の人」なる人物の書き込みがありましたが。IPは222.3.143.196でした。つまり本来別人である人物が同じパソコンを使っていたわけです。


 普通に考えれば同一人物によるコメントと思うでしょう。まさか、片方は「あれは父です」とか「あれは妹」です。とかいわないでしょうねえ。
「風。」氏の主張によればダイニーマの性能はメーカーの誇大宣伝ということに集約されるでしょう。また一方糸の人であれば、東洋紡の社員であることになります。
 そして、その人間が自社の製品に関して誤った情報をコメントしたとなれば背任行為にあたります。もしくは東洋紡の名をかたった単なる嘘つきであるかのどちからとしと、普通の人間は推理するでしょう。
 ぼくはまた、あなたが、他の場所でぼくの誹謗中傷をしていらしきことも内偵中です。実に興味深い事柄を多数発見しました。
 
 匿名というのは普段の立場や肩書きから離れて自由に意見を交換したり、議論をする機会を得るためのもの、とぼくは考えています。

 ですから自分に対して否定的な考えの方のコメントにも誠意をもって答えてきたつもりです。ですから、ぼくに対してネガティブなコメントを書いたからといってIPを曝したはしません。
 物書きとして、また一社会人として自分のプライドをのみを気にして自分に批判的な他人を叩くような程度の低い意趣返しをするなどぼくの矜持が許しません。

 ですが単なる誹謗中傷、ストーカー的なコメントに対しては積極的に自衛行動をとります。
 ネット上のバーチャルな世界で匿名をいいことに陰険な因縁をつけたり、虚偽の発言をしたりしても自分には実害が及ばないと考えている方もいるでしょうが、それは大きな間違いです。
 場合によってはリアルワールドで名誉毀損で民事訴訟をおこされます。それも当局が悪質だと判断した場合には刑事事件にも発展します。
 フリーランスでやってる人間はまもってくれる組織がありませんから、信用第一です。ですから、それを根拠無い誹謗中傷で傷つけられた場合、その信用の回復ための積極的な防御行動を行う場合もあります。

 世の中を甘く見ない方がいいですよ。もしあなたが未成年であるならば、その責任は保護者が取ることになります。

 老婆心ながら御自重、ご自愛なさることをお勧めする次第です。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いくつか疑問に思うことがあるので書き込みます。

まず名誉毀損に関して、刑法には、

第二百三十条の二  前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

とあります。警察の装備の評価に関する議論は「公共の利害に関する事実」であることは明らかですので、風。氏の議論を名誉毀損罪とするのは難しいのではないでしょうか。
酢橘(その1)
2005/10/23 14:45
また民法には他人の名誉を侵害した場合に損害賠償の責任を負う旨の定めがありますが(710条)この規定に関して、最高裁は、

「民事上の不法行為たる名誉棄損については、その行為が公共の利害に関する事実に係りもつぱら公益を図る目的に出た場合には、摘示された事実が真実であることが証明されたときは、右行為には違法性がなく、不法行為は成立しないものと解するのが相当であり、もし、右事実が真実であることが証明されなくても、その行為者においてその事実を真実と信ずるについて相当の理由があるときには、右行為には故意もしくは過失がなく、結局、不法行為は成立しないものと解するのが相当である」(最判昭41.06.23 )

としています。
酢橘(その2)
2005/10/23 14:46
またある憲法学者は、公共性のある事項についての論議は相当な合理的根拠に基づいて正当と信じてなされた場合には、
「その用語、表現が相当に激越、辛辣で、その結果として被論評者に対する社会的評価が低下することがあっても、同じく表現の自由によって保障される」(佐藤幸治『憲法』第三版 452ページ)としています。

いずれにせよ清谷氏の言うような民事又は刑事責任が裁判所で認められる可能性はきわめて低いのではないかと思います。

私は、今回の議論に関して名誉毀損を持ち出す清谷氏の主張には反対です。というのはこの論理が認められれば、ジャーナリズムを大幅に制約する諸刃の剣になる可能性が高いと考えるからです。清谷氏とて、誤りを犯すこともあるわけです(例えばピラーニャの件)し、過激で辛辣な評論を書くわけです。ジャーナリストが、今回の議論程度で法的手段を云々というのは結果的に自分の首を絞めるのと同じではないでしょうか。

以上のことに関して、清谷氏の見解をお聞かせいただければ幸いです。
酢橘(その3)
2005/10/23 14:47
誤り自体は即座に訂正すべきだとは思いますが、風。氏の場合は明らかに清谷さんを馬鹿にしていたと思いますよ。
まぁ、ネットストーカーで法的処罰を行なうことが出来るかは分かりませんが。それらに対処するために管理者が削除出来る仕組みなので。
僕なんかの場合、ブログ(余丁町散人とかなんとか)でのコメントは必ず削除されてますのでw
maro
2005/10/23 18:14
酢橘さんへ
別に辛辣さに憤っているわけではありません。この程度の表現程度いだりしません。
身分を詐称した可能性のあること、本文中に書きましたように、現在公開できませんがこのブログ以外の書き込み以外の案件もあります。それらを、勘案した上でのことです。しかも、名誉毀損で訴えると
宣言したわけでもありません。
 
ネットだから、匿名だから何をかいてもいい、とは
おもっておりません。風。氏にしてもぼくがメーカーや日本でライセンス生産をしている東洋紡に取材したとのことたいして、あんたは騙されて入るんだ、メーカー発表を鵜呑みにしているいうなばら、自ら、メーカーなりライセンスメーカーに直接電話をするなり、問い合わせをする、ないしは具体的な証拠を提示しておこなうべきでしょう。
逆におうかがいしますが、あなたは有る人物が、匿名で執拗に根拠のない質問を繰り返し、挙げ句に、
メーカーの人間をかたって自己の論理を正答化する、というような行為を正しい行為、通常の議論の範囲とお考えでしょうか。
 
キヨタニ
2005/10/23 19:15
返信有難うございます。
>身分を詐称した可能性のあること

>挙げ句に、メーカーの人間をかたって自己の論
>理を正答化する、というような行為を正しい行
>為、通常の議論の範囲とお考えでしょうか。

「詐称」の確認をとることが先決だと思います。
現時点では「可能性」でしかないのですから。
私は清谷氏がどのような情報を持つかは知りませんので、公開されている文面のみを判断の根拠として、貴方の主張に疑問を呈したわけです。

ところで、再度質問いたします。現時点で確認の取れない「詐称」はともかく、風。氏や糸の人氏
の投稿は法的責任を追及されるようなものとお考えでしょうか?
酢橘
2005/10/23 19:45
この件に関してはセンシティブな問題ですので、これ以上のコメントを差し控えさせていただきたいと思います。これまで同様ぼくなりに粛々と作業を進めてきたいと思っております。そのことを開示するのはしそれこそ個人のプライバシーに関わることです。
どうでもいいですかど、ご自分の言いたいことだけかいて、ぼくも質問に関してはスルーですか。

ですから、申しあげているように
キヨタニ
2005/10/23 22:41
ぼくは、この件と関係なく、その種のことがはっ瀬ばあいという表現をしたつもりですが。仮定の問題にはこたえられないと理解してよろしですか。
キヨタニ
2005/10/24 11:43
>その種のことがはっ瀬ばあい
発生した場合、の意味でしょうか?

>ご自分の言いたいことだけかいて、ぼくも質問
>に関してはスルーですか。

仰るように「センシティブな問題」ですので、不十分な情報に基に判断はしません。

>仮定の問題にはこたえられないと理解してよろ
>しですか。
私は貴方や風。氏のようなこの問題の当事者ではなく、利害関係の無い第三者に過ぎませんので、貴方の私への質問自体が、(法的に)全く無意味であることを理解していただきたいと思います。
酢橘
2005/10/24 18:18
ところで、仮に風。氏と糸の人氏が同一人分物だったとして、どのような法的責任(刑事又は民事)が発生するのでしょうか?

ご教授いただければ幸いです。
酢橘
2005/10/24 18:24
それから、

権利行使の意思なく相手を畏怖させる目的で、告訴権の行使や不正を告発すると告知することは、脅迫罪(刑法222条)にあたるとするのが判例(大判大3.12.1)通説です。

以上、参考になれば幸いです。
酢橘
2005/10/24 19:07
 日本 
 b 
 
日本語が通じない方へのコメントはスルーさせていただきます。



キヨタニ
2005/10/24 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京危機管理産業展2005&「風。」さんのコメントについて」について 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる