清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【軍事研究11月号】別宮暖朗氏の「『坂の上の雲』では分からない日本海海戦」に異議あり−多田智彦氏

<<   作成日時 : 2005/10/16 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 今月10日に発売された 「月刊軍事研究11月号」で、防衛技術研究家の多田智彦氏が「日本海海戦勝利の真実」なる記事で別宮暖朗氏の「『坂の上の雲』では分からない日本海海戦」など、日本海海戦について書かれた書籍に関する誤りを指摘しています。

 多田氏は先月ロンドンで行われた兵器見本市でもご一緒したんですが、非常に温厚な方です。
 普段書かれている記事は技術者らしい視点から書かれたものが多いのですが、今回の記事では、その多田氏が日本海海戦の砲術の技術な事柄に関して、結構挑発的に著者の固有名と著書、その著述箇所を特定。それらは誤りであると指摘する異例の記事だったので、ぼくは驚きました。

 昨年から今年にかけて日露戦争100周年を期して多数の書籍が発売されました。恐らくはそれ故に目に付くことも多く、多田氏も気になったのでしょう。

 指摘した多田氏が正しいのか、それとも指摘された側の方が正しいのかは、皆さんが実際に記事を読んで判断してください。この号では野木恵一氏の「ドイツ連邦共和国軍の勃興」という記事も軍事関係に興味がある方には興味深い記事でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
砲術論とは異なりますが、日本海海戦で連合艦隊が、T字戦法を実行し、バルチック艦隊を撃破したというとんでもない誤りがいまだに真実と考えられています。
本当は、同航戦を行うために単なる敵前大回頭をしただけなのですが…。
現役保険営業マン
2005/10/19 17:41
現役保険営業マンの方がおっしゃるとおりだと思います。「軍事研究」2005年11月号「日本海海戦の真実」120ページにもそのあたりのことが触れられています。
古納戸 威龍
2005/10/22 15:24
 前にのべましたが歴史、特に戦史は真実追求が難しいですからね。何が真実か、発見された文書で一晩で何百年という「定説」が崩れてしまいますからね。 
 戦国時代なんてろくな文献のこっていませんからね。今の歴史小説のネタ本なんて殆ど江戸時代に書かれたモノが大半ですからねえ。
 ディスカバリーチャンネルの古戦場を発掘するというシリーズは面白いですね。先日もリットルビッグホーンの戦いを現場検証して、それまでの説とは異なり追いつめられた騎兵隊が一方的に虐殺されたという回は興味深いですね。「そのとき歴史が動いた」もあのくらい徹底的に検証してくれると面白くなるのですが。
キヨタニ
2005/10/22 21:51
多田智彦氏は「世界の艦船」誌にもしばしば記事を書かれており、特に艦載武器がご専門のようですから別宮暖朗氏の誤り指摘は正しいと思います。別宮氏の文章を再読してみると、誤りというより捏造ですね。いつぞや考古学・石器に関して高名な研究者が捏造をやりましたが、軍事史の分野でも捏造とは嘆かわしいですね。
青年A
2005/10/23 18:22
別宮氏の、旅順攻略戦の本についても、怪しい記述が有り突っ込みがいが有りましたね(ーー;)。
通りすがり
2006/08/26 23:00
 しかし、旅順の早期攻略が物理的に無理だったこと、二百三高地が旅順の弱点ではなかったこと、ステッセルは、艦艇の喪失ではなく、守備兵力の枯渇によって降伏に至ったことなど、基本線は外していないと思います。
 未だに『坂の上の雲』の影響からか、当初から二百三を攻略していれば、早期に旅順が陥落したと思い込むスカは多いのですが、そんなことはありません。火力によって袋叩きにされた後、ロシア軍十八番の逆襲で史実と同じ程度の大損害を出したのがオチです。
 また、児玉源太郎の指揮によって旅順が降伏に至ったというのも間違いです。旅順を攻略させたのは、乃木以外の誰の功績でもありません。その証拠に、児玉の指揮で二百三が奪取された後も、旅順は抵抗を続けています。
 なお、別宮氏のサイトはこちらです。
http://ww1.m78.com/index.html
土門見人
2006/08/26 23:10
物書きを長くやっていると、編集者と取り巻きだけが世界になるひとが多々いるようです。持って他山の石としましょう。
キヨタニ
2006/08/29 23:52
確かに、別宮氏は、兵器関係や細かい戦史の知識に誤りが多数見られます。
でも、大筋の指摘はかなり鋭いというか、当たってるところも多いと思うんですよね。
旅順についてもそうだし、第一次大戦の主因はシュリーフェンプランだとか、日中戦争は国民党が始めたとか、パリ不戦条約以後は計画的軍事作戦の発動が不戦条約違反で侵略になるとか。

これで、自分の過ちを素直に認めて訂正してくれればいいと思うんですが、年のせいか、意固地になってる感じもあって残念です。
taka
2010/04/01 11:44
この件に関しては実際に護衛艦のシステムに携わってきた多田氏がわざわざロンドンの戦争博物館のアーカイブまで証拠を集めて指摘ですからね。
キヨタニ
2010/04/01 18:57
多田対別宮はともかく
司馬の戯言は、ハッキリと断罪されるべきでは?
江漢
2011/07/05 18:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【軍事研究11月号】別宮暖朗氏の「『坂の上の雲』では分からない日本海海戦」に異議あり−多田智彦氏 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる