清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 演説で戦争反対、平和を謳いながら、「聴衆」に蹴りを入るれかぁ? 全国労働組合交流センター

<<   作成日時 : 2005/10/01 00:01   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 12

画像
 昨日夕方、中央線某駅前ロータリーにおいて、全国労働組合交流センターなる団体のメンバー数名がが郵政「戦争と民営化攻撃を跳ね返そう」と拡声器を使って演説していたり、ビラ配りや署名活動をしていました。
 どうも警察の許可をとってないな、と踏んだんで、少しちょっかいを出してみました。「民営化反対と憲法改正反対は全く別の問題じゃないの」「小泉ファシストというけど、自民党に投票した人間はファシストの手先なんですかぁ〜。それってケンカ売っているんですかぁ〜」とかメガホンもってがなっていたオッサンに、やや煽り気味に質してみました。

 そしたら、いきなり蹴りをいれらそうになりました。戦争反対だけど暴力賛成なんでしょうか。わたしら普通の市民と随分違ったスタンダードをお持ちの様です。それとも本性が出たかな?それとも

 その場で写真を撮ったら「肖像権の侵害いだぁ〜」とご立腹。ご自分の暴行傷害(未遂)は犯罪じゃないとの認識のようです。
 ですがぼくが110番通補をすると、警察官が来るまで待て、というぼくの言葉を振り切って、その男はすぐに姿を消しました。(一応言っておくが、プロ市民相手に一人で動いてる思うなよ。こっちもプロだからな。やり取りはしっかり録画しているからね。信じたくなければそれでもいいけど、場合によってはコイツをネタに訴訟も検討中♪)。
 で、制服警官が来たわけですが、件の男は姿を現さない。自分に非がなければその場に堂々と留まるべきでしょう。

 しかも、ぼくが睨んだとおり、彼等は警察から道路使用許可を取っていませんでした。つまりモグリで活動していたわけですな。
 ところが警官の質問に答えた男は「これは政治活動だ」「表現の自由だ」「法律に違反しているとは知らなかった」などとしらをきるわけです。 道路使用許可をとるなんてイロハのイだろう。
 これだけ組織的に動いていて「法律に違反しているとは知らなかった」じゃ、通らないでしょう。それが通なら殺人も強姦も「法律に違反しているとは知らなかった」といえば通るんですかい?
 寝言は寝て言ってくれ。

 配っているチラシがこれまた面白い。「民営化の狙いは労働組合破壊。それは戦争国家化への道」だって。まあ、「風が吹けば桶屋が儲かる」程度の論理構成ですな。さすがにチラシを受け取る人は少なかった。
 しかも民主党前原代表まで反動右翼扱い。こういう人たちがバックにいることが分かったから、今回の衆院選で民主党が大敗したんじゃありませんか。
おめでたいといえばおめでたいですね。

 こいつら、例の「杉並親の会」のビラも一緒に撒いてました。そのビラには「戦争と天皇制を賛美する『つくる会』の歴史教科書」とあります。
 おかしいなあ、現在の「平和憲法」も天皇制を否定していないことをご存じないのか。それとも都合の悪いことは憲法を無視するのか。まあ、これでは民衆の支持は得られないでしょう。


 なんでも同会は11月6日(日)に日比谷公会堂で決起集会をこなうそうです。事務局は悪名高い彼の千葉動労です(こいつ等の不法ストのせいで学生時代どれだけ不便を強いられたことか。)ご興味がある方は一度参加してみては。

 全国労働組合交流センター メール:centergo@nifty.com
        URL:www.k-center.org/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「演説で戦争反対、平和を謳いながら、「聴衆」に蹴りを入るれかぁ? 全国労働組合交流センター」に...
「演説で戦争反対、平和を謳いながら、「聴衆」に蹴りを入るれかぁ? 全国労働組合交流センター」について 労組交流センターの支持者ではありませんが(と、いうか批判的な立場ですが)。 街頭での宣伝では、道路使用許可は必要ありません。有楽町ビラまき事件での判決の通りです。現実には、民主団体、革新勢力の宣伝に対し、しばしば許可が必要だといって警察が妨害するケースがありますが。 また、警察とごちゃごちゃしていると、まわりから誤解されるため、場所を代えて仕切り直す形で移動したりもします。警察側... ...続きを見る
青年の声
2005/10/13 20:06
平和主義者は暴力的という事実 それを隠すマスメディアの責任
路上のケンカで大学生を刺した“平和愛好家”の正体 紫色の長髪で“革命ごっこ” ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2009/07/21 18:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
この手の連中の行状は、朝日新聞をはじめとするマスゴミからは絶対に伝わらないでしょうね。改めてネットの力を感じます。

2005/10/01 08:21
こちらも身体張ってやってますから。
まあ、記者クラブ諸君には無理でしょう。
駆けつけた警官が顔し見知りで、「またキヨタニさんんでか。最近大人しくしてると思ったのに・・・」と嘆かれましたが(笑)
キヨタニ
2005/10/01 10:04
 URLとリンク先を見ると、チュー角派であることがバレバレですね。
土門見人
2005/10/02 00:14
 現場を通りががったオジサンが「アンタ等郵便云々というのは方便だろう」とおっしゃってました。
いや〜オトウサン、分かってるねえ〜。みんな何となくアヤツラが胡散臭いのは知っているんですね。
キヨタニ
2005/10/02 01:41
まあ「テロリスト」のシンパですから、なにをされるか判りません、お気をつけください。
ざんぶろんぞ
2005/10/03 22:38
 お気遣いありがとうございます。まあ、これも性分なもんで・・・
キヨタニ
2005/10/04 00:27
労組交流センターの支持者ではありませんが(と、いうか批判的な立場ですが)。
街頭での宣伝では、道路使用許可は必要ありません。有楽町ビラまき事件での判決の通りです。現実には、民主団体、革新勢力の宣伝に対し、しばしば許可が必要だといって警察が妨害するケースがありますが。
また、警察とごちゃごちゃしていると、まわりから誤解されるため、場所を代えて仕切り直す形で移動したりもします。警察側の主張をみとめた訳ではありません。
民営化→労組破壊はすでに日本労働運動では経験済み。また、戦争への道を進むとき労働組合破壊もしくは変質化(当局御用組織にすること)がされてきたことは、ドイツおよび日本における経験でもあきらかです。
労組交流センターに対し「使用許可」云々いうのなら、新しい歴史教科書をつくる会や拉致被害者家族会などが街頭で宣伝していたら「許可取っていますか」と聞いてみたら。
もっと勉強されることをお薦めします。私自身、まだまだ学習不足ですが、、、。 <続く>
通りがかり
2005/10/13 20:09
<続き>
【参考】
1966年2月28日の東京高裁判決/検察が上告を断念し3月14日確定
 「道路交通法77条1項4号の規定は一般交通に著しい影響を及ぼす方法・・・・法が例示する『祭礼行事』や『ロケーション』の概念から連想されることから見てその影響の程度は相当高度なものを指すと解さなければならない。・・・一人または少数の者が、人の通行の状態に応じてその妨害をさけるためにいつでも移動し得る状態において通行人に印刷物を交付するようなものは、その態様、方法において社会通念上、一般交通に著しい影響を及ぼす行為に該当するとは言い難い・・・してみれば被告人らの本件印刷物の交付は・・・所轄警察署長の許可を要する行為に該当しない」(有楽町ビラまき事件)
通りがかり
2005/10/13 20:10
ビラを撒いていただけでなく、拡声器を使っておりましたが、それでも許可がいらないのでしょうか。また以前、新宿では別な団体がホコ天で拡声器を使った上に、道路を横断する形で横断幕を張っていましたが、これらも使用許可は
必要ないのでしょうか。

 ぼくは日本の労働組合運動が衰退してきた原因は、まず第一に労組幹部が、一般組合員から分離して特権階級化、もしくはプロレタリアート独裁という、王権神授説のような理屈で自らをリーダーに選ぶという傲慢な態度をとったこと。第二に組合員の利益よりイデオロギーを優先してきたこと。第三に組合を作れない零細企業の従業員の組織化を行ってこなかったこと。以上の理由が大きいと思います。
 銀行業界のようにはじめからご用組合しかない業界もありましたが。

 
キヨタニ
2005/10/14 18:42
 ハンドマイク(拡声器)や横断幕を使っていても同じだと思います。ただ、夜中にハンドマイクでわめきご近所に迷惑をかけるとか、横断幕で著しく通行を妨害する行為などがあれば別ですが。立川自衛隊官舎へのビラまき事件への判決からすると、政治的宣伝活動に対する対応は慎重さが求められています。 つづく
通りがかり
2005/10/15 00:48
つづき
 労組幹部が特権階級化との指摘は、不適切だと思います。大企業の企業内組合では、労組が第二労務(人事)部となり、会社内での出世のステップになっていることは周知の事実です。会社側が、口うるさい労働組合をつぶすため、第二組合をつくったり、干渉して御用組合に変質(会社のいうことだけ聞いて、働くものの権利を守らない組合へ)させたりするケースがあります。作家の高杉良氏の小説『労働貴族』(日産自動車のケース)などの世界です。変質労働組合もありますが、片方では献身的に権利を守る・生活を守るため活動している労働組合もたくさんあります。組合活動故に出世コースから離れ、賃金差別で同期より安い給料で、時には「不当解雇」「不当処分」されながら活動している組合幹部がたくさんいます。
 個人個人をみれば、それぞれ思想信条を持っているし、党派に属している人もいれば無党派もいます。「要求で団結」「政党・資本からの独立」「一致点での政党や団体との共同」の原則にたち、つねに謙虚さをもって組合員と接していくこと。いっそう努力していくことが必要です。 つづく
通りがかり
2005/10/15 00:49
つづき
 御用組合ではなく、もの申す組合(チェック機能はたす組合)が、日産や山一証券、拓殖銀行などの例からみても必要です。また零細企業の問題についてはキヨタニさん指摘のとおりで、全労連、連合、全労協はいっそう努力すべき課題だと思います。
 つづきはおいおいに。
 ただ、自由に議論できる場・立場は違ってもよりよい明日を切り開く話し合いの場をつくることは大切だと思います。まじめに議論できる場がネット上で広げれば、きっと明るい明日が開けると思います。
PS.宣伝の際には音量や場所など気にしながらやっています。常識から離れたことをやっていたら、逆効果になるし信用・信頼されないし、、、。 
通りがかり
2005/10/15 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
演説で戦争反対、平和を謳いながら、「聴衆」に蹴りを入るれかぁ? 全国労働組合交流センター 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる