清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS これも”前進”と呼べるのだろうか? 外国特派員とネットで質疑、外務省が“チャット会見”

<<   作成日時 : 2005/07/19 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 外務省が在日外国外国報道機関を対象にネットで記者と質疑応答などを行うという、「インターネット・プレス・チャット会見」を7月から月二回程度の頻度で開始したそうです。
 これはフランスの制度を真似たものだそうで、日本発の情報をより多く海外に発信してもらうのが狙いだそうです。
 その狙いはよし、としましょう。まあ、何もやらないよりは進歩でしょう。

 それよりも日本語ぺらぺらの外国人記者を記者クラブから追い出したり、オブザーバーと称して質問させない、という現在の記者クラブ制の見直しの方が先じゃありませんか。

 いっそのことネットで通常の記者会見で配る、リリースの日本語、英語版、をネット上で記者意前に公開、記者会見の模様と映像で公開し、その場でチャットで質問できるようにしたらどうでしょう。
 またその後、記者会見の内容を日本語及び英語でネット上で公開する。

 このほうが便利だと思いますよ。こうなると読者や視聴者は新聞やテレビの報道とオリジナルの情報を比べることができるようになり、メディアも緊張感を持たざるを得なくなるでしょう。

 ぼくら記者会見から排除されている「非記者クラブ会員」の野良犬ジャーナリスト達にも大いに助かります。

 (2005年7月17日0時28分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050716i316.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これも”前進”と呼べるのだろうか? 外国特派員とネットで質疑、外務省が“チャット会見” 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる