清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の被害者はいませんでした。

<<   作成日時 : 2005/07/13 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

日本人の被害者はいませんでした。 
今回のロンドン多発テロを含めた、テロ、事故、災害などが外国で起こった際に、必ずと言っていいほどニュースの最後でアナウンサーがこの言葉を口にします。

ぼくはそろそろ、この台詞を止めた方がいいのではないかと思います。

 まず、第一によくいわれるのですが、「被害者は外人だけで日本人はいなかった、よかったね」というようなニュアンスに聞こえること。
 それから第二に国際化が進み、外国人との結婚や、様々な交流で、親族や知人友人に外国人がいる人間が増えたこと。
 また結婚して日本国籍をはなれた日本人や、日本に帰化した外国人の増加、更に日本語が堪能な外国人も多数日本に住んでいる、これらの人たちがニュースを聞いている人間のなかにこれらの人々が少なからず存在しているからです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ただ単に、問い合わせが殺到するのを、予防するためでしょう。

2005/07/13 05:22
そうかもしれませんね。
でも、日本人の被害者がでればそれはそれで報道してますが・・・
キヨタニ
2005/07/13 08:38
 喜国雅彦のマンガで、百万(だったと思う)のオーダーの犠牲者が出た航空機事故を伝えるニュース番組の結びが「日本人の犠牲者はいませんでした」というのがありました。
 読んだ時には、日本のマスゴミならやりかねないなと思い、「日本人の犠牲者」うんぬんの言葉を聞くたびに、そのネタを思い出します。
らりぱ
2005/07/14 12:52
いまや身内、知人友人に外国人がいる人間がかなりふえてますからね。まあ、マスメディアの体質が社会の変化に追いつかない、ということでしょう。 
キヨタニ
2005/07/14 14:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本人の被害者はいませんでした。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる